楊貴妃・紅帝メダカを屋外新水槽に移動しましたが元気です。

先日からよい天気が続き、水温も10℃を超えている状況です。

今日の気温は24℃と、もう少しで真夏日でした(驚きです)。

明日は一気に下がる(10℃くらい)そうですが、連日の状況から最低気温はそこそこ高いようです。

sponsord link

 

新しい水槽へのメダカの移動は、もっと状況(気温・水温等)を見ながら実施しようと考えていました。

でも、昨日は半数の黄金黒燐ヒカリメダカを新水槽に移動しました。

移動先で元気に泳いでいるのを見ると、他のメダカも問題はあまりないのかもと思い、楊貴妃・紅帝メダカを移動しました。

この楊貴妃・紅帝メダカは、幹之メダカ鉄仮面と同じ水槽にいたのですが、この春には別々にしようと考えていたのです。

時期的にはもう少し経ってから(ゴールデンウィークあたり)と思っていましたが、連日天候がよいので実行した次第です。

 

どのメダカも大切には違いないのですが、この楊貴妃・紅帝メダカは数が少なく☆にしたくない品種なんです。

もちろん、この水槽に残っている幹之メダカ鉄仮面も同様で、2匹しかいないので大切にしたいと思っています。

余談ですが、この鉄仮面メダカは雄雌を調べていません。

調べようと思っていた矢先何匹かが☆になり、そのまま冬を迎えてしまったからです。

雌雄が同じでしたら、どちらかを補充したいですね。

 

楊貴妃・紅帝メダカですが、全部で6匹です。

幹之鉄仮面メダカと混泳していましたが、水合わせのためタッパに入れています。

残った幹之鉄仮面メダカは、2匹になり寂しそうです。

飼育水は透きとおってきれいなのですが、結構汚れが目立ちます。もっと水温が上がれば大掃除ですね。

楊貴妃・紅帝メダカは、何回かの水合わせの後新水槽に入れました。

黄金黒燐ヒカリメダカを移動したときは、すぐにうっすらと濁った感じになったのですが、楊貴妃・紅帝メダカの場合は全くそうはなっていません。

なぜだろう?

こちらにはパイロットフィッシュが入っていたので、プラ水槽に移動しました。

 

sponsord link



 

プラ船の水槽に移動したのですが、前回同様外気温・水温が大きく違うので、温度合わせから行いました。
 陽当たりです。  日陰です。

このプラ水槽の匹数が多くなって来たので、しっかり管理しなければと思います。

グリーンウォーターにしたくないので、葦簀(よしず)で囲いをしてみました。

まだ早いのですが、夏場に剥けての試してみたのと、パイロットフィッシュの移動には温度差がありすぎたからです。

もちろん水替えの回数を増やしたり、水草を多くしたりしてグリーンウォーターにならないようにしたいですね。

sponsord link
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

sponsord link



管理人です

管理人のしんぺいです。よろしくお願いします。

記事内の画像はクリックで大きく表示されます。

ランキングに参加しています

クリックしていただくと励みになります。

にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村

 

こちらもお願いします。

メダカランキング

管理