4月も半ば過ぎ・・・。

巷の桜(ソメイヨシノ)は、もう散ってしまったのでしょうか。

我が地方は、そろそろ葉桜となりそうですね。

我が家では娘の就職記念樹として、遅咲きの吉野桜(ヤマザクラ)がありますが今が満開です。

気温は今週も20℃を超える日もあり、嬉しい限りです。

 

 

玄関先のよく陽の当たる水槽ですが、姫スイレンを入れています。

よく陽が当たるためか、緑色の濁りが少し出てきたように感じます。

先ほど、気持ち程度にアマゾンフロッグビットを数枚入れておきました。

姫スイレンだけでは、グリーンウォーター化を防ぐには役不足です(当たり前ですね)。

アナカリスも養生中ですし、他の水槽にホテイアオイ草もあります。

水草の力によって、グリーンウォーター化しないようにしようと考えています。

もちろん、水替え等の管理も必要ですね。

 

パイロットフィッシュのメダカが5匹泳いでいますが、5匹しか入っていないのに低床(底砂)の汚れがひどいです。

底砂付近の水替えを、1/3ほど行いました。

内壁に少し付着している緑の苔も、手で落として水替えしています。

もちろん完璧ではありませんが、換えすぎてバクテリアがアンバランスになっても困りますから。

ついでにホテイアオイ草を、1株追加しました。効果があれば嬉しいのですが・・・。

これからどんどん日差しが強くなってきますので、長時間当たるようになれば葦簀(ヨシズ)で影を作ればと考えています。

現在は、水温があまり高くないので、水槽にかぶせるほどにはもちろんなっていません。

これに先ほども書きましたが、アナカリスを入れようと考えています。

もう少し様子を見ながら、今後対応したいと考えています。

 

一方、軒下のあまり陽の当たらない水槽ですが、今朝の水温は5.9℃でした。

濁りのある黄金黒燐ヒカリメダカの水槽は、若干ですが濁りが薄らいだようにも感じます。

しかし、両隣にあるオロチメダカ水槽等のきれいさにはおよびません。

まだまだというところです。

 

午後からの水温を測ってみました。

陽当たりの水槽と日陰の水槽の、水温差には驚きました。

10℃の差があるんです(22℃くらいと12℃くらい)。

陽当たりの水槽はプラスチックですから、外気温の影響を受けやすい(朝は3~4℃でした)ことはわかっていたのですが、これほどとはビックリ。

日陰の水槽は発泡スチロールの水槽なので、影響は若干受けにくい(朝は6℃くらいです)ことと水温の上下動が少ないんです。

そうした水槽の質や設置場所の違いで、こんなに差があるのですから当然管理の仕方も変える必要がありますね。

 

sponsord link