屋内飼育のメダカ稚魚を屋外水槽に移す準備

今日は現在11℃の気温です。

週間天気予報では、結構暖かい日が続きそうなのでとても嬉しいですね。

屋内で飼育していたメダカたちを、本格的に屋外の水槽へ移動させるための準備をしていくつもりです。

sponsord link

 

屋内(玄関)の、ヒーター無しの水温は13℃でした。

屋外の水槽の水温は12℃(曇り空)です。

あまり変わりませんね。

お昼近くの水温なんですが、屋外は時間や天候によって水温が左右されます。

まだ、朝の時間に水温を測ると6℃くらいでした。

この朝の水温が、10℃越え(昼は12~15℃)してくれば私としては文句なしなんですが・・・。

というわけで、屋内メダカ水槽のヒーターでの加温温度を少しずつ下げています。

左が水槽用で、右が水替え用です。現在は両方とも16.5℃くらいになっています。

常温に近づきつつあります。

 

最終的にはヒーターを外し、自然の水温(屋内なので屋外より変化は無いですが、時間によって変化します)に慣れさせようと思っています。

先日のような寒い日は来ないもの(甘いかな)と信じて、屋外へ出す準備をしています。

 

屋外には発泡スチロールの水槽が多いのですが、この屋内のメダカはプラスチックの鉢で飼育しようと思います。

メダカの品種もいろいろあり断定できない種類なので、色とりどりなので眺めて楽しむにはとてもよいでしょうね。

ゴールデンウィークくらいに、移動するのがよいでしょうね。

 

ただ一つ心配なことがあります。

産卵床に産み付けられていた卵ですが、25℃に加温していたときには数匹が負荷しました。
 とても見えにくいのですが、現在4匹です。

その後、水温を下げていたことも影響あるのかもしれませんが、孵化することがありませんでした。

昨日、産卵床についていた卵をケースに入れました。

常温(12~15℃)のまま保管している状態です。果たして孵化するかどうか気になります。

かといって、ヒーターによる加温を再度行うというのはしないつもりです。

なので、この卵と数匹いる針子ほどの稚魚に大変な思いをさせることになり、とてもかわいそうに感じています。

元々この屋内水槽から産卵・採卵することは考えていなかったことなので、自然に任せての形で進めます。

 

sponsord link



 

いろいろやらなければならないことがあるのですが、1番はこの屋内のメダカを屋外に移動することなんです。

そのために、水温の調整を実施しているのですが・・・。

飼育していると、予定外のことに対応しなくてはいけないことがありますね。

このメダカ移動に関して、お伝えできることがあれば再度取り上げたいと思っています。

sponsord link
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

sponsord link



管理人です

管理人のしんぺいです。よろしくお願いします。

記事内の画像はクリックで大きく表示されます。

ランキングに参加しています

クリックしていただくと励みになります。

にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村

 

こちらもお願いします。

メダカランキング

管理