今日は、昨年秋まで使用していた底砂(ピュアブラック)を熱湯消毒して、屋外の水槽に敷きました。

約半年間水につかったまま放置していたのですが、念のため熱湯をかけて消毒をしました。

写真のように水温計を入れ、水温計測をしています。

水温は、13℃でした。

sponsord link

 

厳冬期には枯れるかもしれないと思い、姫スイレンとミニマッシュルームを玄関にいれ、ヒーターで加温し照明をしていました。

ミニマッシュルームは、残念ながら復活できないようです。

姫スイレンは元気に育ってきました。

 

先日からヒーターを外し無加温の状態で様子を見ていますが、特に問題は無いようです。

水温は12℃を表示していますが、外の水槽温度とほぼ同じです。

とくにこの水温でも異常が無いようなので、外の水槽に移動させようと考えています。

 

肥料を与えて移動しようと思い、ショップでスイレン用の肥料を購入しました。

肥料にはいろいろな成分が含まれているので、メダカ絵の影響を考えいろいろ検討しました。

上記の写真のものの購入者レビューを読んでみたところ、影響は全くないという投稿が多かったのでこれに決めました。

また、この肥料は1ヶ月に1玉を与えるそうですが、姫スイレンは小さいスイレンなので半分にして与えているということも書いてありました。

私は3鉢所有しているので当然半分にします。4月から9月まで与える期間ですね。

10月以降は、姫スイレンの活性が落ちるのでやらないようにすることですね。

 

sponsord link



 

軒下に設置している水槽の水温は、さすがに陽の当たる時間が少ないのか7~8℃くらいです。

寒いときに枯れていた状況を考えると、やはり10℃は超えてほしいと思っています。

メダカも水草も、移動させるにはまだ時期が早いです。

桜が満開になる頃(遅い場合は4月中旬になりそう)には、もっと水温が上昇してくれるものと信じています。

sponsord link