昨日まで暖かかったのに、今日は一気に10℃気温が低くなりました。

春の気温は移り変わりが激しいのですが、さすがに昨日から10℃も下がっては大変です。

予報ではそのようなことでしたので、覚悟はしていたのですがね。

実際に気温が下がってしまうと水温が気になります。

6℃くらいでなんとかしのいでいますが、やはり低いですね。

メダカたちは上昇してきていますが、餌をやっていいものかどうかもよいながら与えませんでした。

sponsord link

 

こうした10℃前後の水温の場合、餌やりに迷いますね。

心を鬼にして10℃を上回らないと給仕しないと誓っていますので、今日も与えることはありませんでした。

飼育水の補給については、状況を見て(水温があまり低くなければ)適宜補給しています。

 

昨日は底砂を2つの水槽に敷いたことを書きましたが、楊貴妃・皇帝メダカと幹之鉄仮面メダカの水と、オロチメダカの水を種水にしています。

もう少し水温が上がればパイロットフィッシュを投入し、水槽の立ち上げを完成したいと思っています。

もちろん水草を配置し、それなりに形ある水槽にしたいと考えています。

 

新しく水槽を立ち上げることに伴い、いろいろ気遣いが必要です。

ビオトープによる飼育を目指していますので、そうした飼育に対する配慮が必要と思っています。

このあたりが微妙に難しいのですが、若干の飼育歴によってなんとか成功させたいと思っています。

 

しかし、なんといっても外気温と水温が上昇しないことには、手の打ちようがないと感じています。

上昇しないうちはこのまま待機でしょうね。

暖冬ということで期待しているのですが、4月初めは気温・水温が低そうです。

これが過ぎると本格的な春が来るんでしょうね(チョー期待)。

 

皆さんはどういうふうに春を迎えるのでしょうか。

もちろん飼育に本格的な方は、問題なくクリアされていることだと思います。

でも、趣味で初心者となると疑問が多くなりますよね。

そうしたところを解決できればと思っています、

 

sponsord link



 

屋内の水槽の管理や屋外の水槽について、そろそろやることが多くなってきています。

屋内水槽の水温を少しずつ下げていることは、以前にも書きました。

もう少し屋外水槽の温度が上がれば、姫スイセンを移したいと考えています。

いまは水草の屋内ではヒーターは切り、照明だけの状況で飼育しています。

屋内の自然水温は15℃くらいですので、この状態で屋外の水温が適合すればうれしいですね。

 

なんといっても屋外水槽の水温が、そこそこ上がってくれないことには手の打ちようがないのかもしれません。

メダカはもちろん水草もそうですよね。

天気については天まかせですから、よい方向に向かってくれることを祈るばかりです。

sponsord link
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

sponsord link



管理人です

管理人のしんぺいです。よろしくお願いします。

記事内の画像はクリックで大きく表示されます。

ランキングに参加しています

クリックしていただくと励みになります。

にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村

 

こちらもお願いします。

メダカランキング

管理