一昨日はほんの少しですが積雪(1~2㎝)があり、気温も下がったんですが・・・。

今日は結構気温が上がり、暖かい晴れた日になりました。

しかし水温は余り上昇してくれません。

日光が当たる時間が少ない場所に水槽を設置していることもあり、水温の上昇が望みにくいのではないかと思っています。

ただ、今年は暖冬で助かっていますが、例年は積雪はもちろん落雪という場合もあるので、今年は例外だったと思うべきでしょうね。

sponsord link

 

先日の雪の状況や、朝7時の気温です。

久しぶりに5℃を割った水温になりました。

ちょっと前までは、暖かい日が続いていたので、水槽のフタも閉めていなかったのです。

しかし、予報では雪ということなので久しぶりにフタを閉めました(正解でした)。

 

今日はそうした弱い寒波も過ぎ、暖かい1日になりました。

気温は13℃くらいまで上がっています。しかし水温は若干の上がりで推移しています。

もちろん一昨日ば別としてです。

今後の予報では、多少の気温変化はあっても徐々に上がっていく感じです。

それに伴い、水温の上昇が10℃を越してくれればと願っています。

 

現在の低い水温の場合では、思うように飼育ができなく困っています。

ただただ、飼育水の継ぎ足しだけなんです。

もちろんこのような状況でも、メダカたちは元気です。

 

そうそう、先日水槽移動させたメダカたちですが、★になるメダカもなく問題はありません。

ホッとしているのが本音です。

頑張っているメダカに感謝です。

 

今日は、写真のように陽が当たっているのですが、先にも述べましたように水温が上昇しません。
 

気温の上下は簡単に変化するのですが、水温は緩やかなのですね、きっと。

手前にホースの入った発泡スチロールがありますが、今後新しく立ち上げるつもりの水槽です。

もう少し、気温・水温が高くなれば本格的に手を付けるのですが、今しばらく待ち状態です。

 

sponsord link



 

屋内の加温水槽は、以前のミスの影響も無く全て順調な感じです。

採卵した卵から、現在は4匹孵化しました。

25℃の温度で卵を管理していますから、孵化するのも早いと思っています。

こうした卵や針子は、加温したまましばらく飼育しなければならないと思っています。

しかし、30㎝キューブ水槽のメダカたちは、いずれは屋外飼育ということを何度か述べています。

そうした観点から、今後は加温25℃の状態から徐々に温度を下げていこうと考えています。

1日1℃ほどでしょうね。

屋外水槽の水温が15℃くらいになると移動させたいので、それに合わせた時期を見計らって対応していこうと思います。

 

なんだか、冬に突入するときより神経を使いそうな状況ですね。

確かに冬になるより越冬からの復帰が大変ということをよく聞きます。

十分配慮しなくちゃいけませんね。

sponsord link