昨日新聞のチラシに、新車が1万円という謳い文句で入っていました。

ついついその話題から、新車購入の話に発展するのです。

昨年末から新車を進められています。

年金暮らしの私が、新車を購入するというのはとても勇気のいることです。

とてもじゃないけれど「無理」と伝えていますので、諦めていらっしゃるようでした。

メダカを飼育している限り、多少の出費があっても大きな出費の無い生活が無難なのです。

というわけで、熱心な若い営業マンですが、購入に関しては何度も断ってきました(自分の年金生活等を話して)。

sponsord link

 

多分、私はまず購入しないと感じていることでしょう。

ディーラーに連絡すると、チョー驚いておられました。

しかし購入するともいっていないので、そこはお互い冷静でしたね。

連絡を取りながら挨拶程度の話だったのですが、こちらがちょっと踏み込んだ話をすると、とても乗り気でした(当然ですね)。

 

私の車遍歴ですが、免許を取ってから新車はもちろん中古車を含め。30台以上乗り継いでいます。

若い頃から、かなり車に費やした金額は結構大きいですね。

でも、今は年金暮らしです。

簡単に車を買うことはできないのですが、なんとか妻を説き伏せて(チョー苦労しました)、なんとか契約できそうになりました。

 

まだ、契約前です。

若干の下取り金額が合致すれば(結構ここがシビアなんです)OKなんですが。

古い車を下取ってもらうことで、なんとかこちらの購入金額に持っていきたいので頑張っているんです。

 

この年になって新車購入は考えておいなかったんですが、今乗っている車が車検を目変え11年目で11万キロメートルも走っているので・・・。

もちろん、これは下取り価格は無いも同然なのですが、いくばくかでもなればと思っています。

 

ところで私の好みの車といえば、大きいのは嫌で1600CCクラスを越えると駄目なんです。

今まで乗った大きめの車は、スカイラインのRSが一番大きいんです(楽しい車でしたが)。

2台乗り継いだ車があります。

ロータスヨーロッパという旧車です。

これはとても楽しい車でした。ハンドリングマシンですね。

でも、この年(高齢者の事故がニュースによく出てきたので)で、乗り回すのはいかがなものかと思い手放しました。

このヨーロッパのハンドリングやエンジン特性、あるいはエンジンサウンド等は最高でした。

ミッドシップでキャブレターはウェーバーでした。背中から聞こえてくるエンジン音は怖いくらいでしたね。

国産の車には無いものでした。

 

sponsord link





 

といいながら今検討しているのは、スズキのスフィストのXRリミテッドです。

1200CCと小排気量でありながら、軽量ボディ。

また、このクラスでは5速ミッションという変わり種。

前輪駆動というのがデメリット(私にとって)ですが、このクラスで他に無いのでこれにするしかないですね。

でもそこそこ楽しませてくれる(何を?ってなりますね)車だと感じています。

 

まだ契約もしていないし、聞けば納車も随分遅れるとのことなんですが、この年で慌てることもないので良しとします。

メダカの話題から外れました。この話題で今日1日が終わってしまいました。

もちろんメダカの飼育や、愛犬の世話はもちろんしていますよ。

そうそう、孫の世話もね(笑)。

sponsord link