メダカ水槽の冬枯れしそうな水草が元気になってきた。

暖冬で暖かい日が多く、水温もそこそこ高い状況です。

しかし、屋外水槽の水草が枯れそうになってきたため、慌てて屋内に避難しました。

発泡スチロールにヒーターを入れ、水温を20℃に保つようにしました。

しかし、もう一工夫したことにより、見違えるように元気になりました。

 

sponsord link

 

そのような状態で、2日ほど様子を見ていました。

目に見えた変化は感じられず、もう少しこのまま時間をおいて・・・

と、

思っていたのですが、「そうだ!太陽光の代わりに照明をつけて」やればいいんじゃないの。

そこで以前から使っていた照明を設置しました。

 

たかが2~3日後の状況ですが、大きな変化が見られました。

それぞれの鉢に植えられた姫スイレンですが、若葉が出てきたり葉が水面まで伸びてきたりしています。

残念ながら、ミニマッシュルームは変化が見られないことから復活は無理かなと思いました。

でも、このミニマッシュルームは成長が遅いんです。ですから、このまま長期に観察です。

緑色の葉の部分が少し見えています。

これが無くなったら無理だと思いますが・・・。

 

sponsord link





 

照明は1日6時間(12:00~18:00)だけつけています。

30㎝のライトですが、結構明るいタイプです。

以前使用していたときにも、水草(マツモやアナカリス)の発育がすごかったです。

とくに水草発育の波長は無いのですが・・・。

 

屋外で冬枯れしそうな水草が、ヒーターと照明でこんなに成長してくれるなんてビックリです。

以前にも書きましたが、後からこうした手当てをしなくてすむように、屋内に避難させないとね(猛省)。

sponsord link