メダカを飼育するのには、どのような水質にするのかを考える必要があります。

グリーンウォーターで育てる方法と、透きとおったビオトープとして飼育する方法です。

私は、ピカピカの飼育水で飼育するビオトープ水槽を考えています。

そのためにはグリーンウォーターや、透きとおったビオトープは、どういった飼育水なのかを知ることが大切でしょう。

sponsord link

 

グリーンウォーターを作るのは簡単です。

バケツに水を入れ、日向でしばらく置いておけば、しばらくすると緑色になってきます。

アオコといわれる、植物プランクトンが発生するからです。

このアオコがメダカの餌になり、生まれたばかりの針子や稚魚には飼育しやすい飼育水です。

私は、卵から孵化した針子は、グリーンウォーターに入れるようにしています。餌に困らないですから、手がかかりません(稚魚になれば若干餌は与えます)

 

このグリーンウォーターはよいことが多いのですが、やはり欠点があります。

上層部を泳ぐメダカの様子はわかるんですが、ちょっと潜ってしまうと見えなくなることです。

私のように、メダカを趣味で飼育するということは、メダカを眺めて楽しめないと困るわけです。

ですから、鑑賞に適していないという大きな欠点があります。

また、屋外ですからヤゴ等の外敵が水槽内にいてもわからないことです。

とくにヤゴは底にいますからなおさらですね。

 

グリーンウォーターとしての水質が進んでいくと、ドンドン濃くなっていきます。

そうなるとメダカが水槽表面からの酸素では不足して、酸欠に陥ることになるでしょう。

昨年の秋、私の場合のグリーンウォーターも時間が経つにつれ抹茶くらいの濃さになって困ったことがありました。

当然水換えをして緑茶くらいの濃さにするのですが、水槽の底の方に有害な物質がたまってしまいます。

水換えと同時に、排除した記憶があります。

そのときの稚魚たちが、今の屋内加温ヒーター水槽で元気に泳いでいます。

 

私の場合は、針子からもう少し大きくなるまではグリーンウォーター飼育なんですが、それから先はビオトープで飼育したいんです。

そこで表題に記したように、屋外飼育はビオトープでの飼育にしたいんです。

そのためには、どうした方法があるのかをまとめておきたいと思います。

 

日光を多く浴びる場合は、グリーンウォーター化しやすいわけですから、余り浴びない方がよいでしょうね。

でも、紫外線を受けることによってメダカは元気に成長します(直射日光を受けなくても、大気中には紫外線はたくさん飛んでいます)。

ようするに、太陽光を長く浴びることによってアオコ(植物性プランクトン)の発生が多くなるのでそれを防ぐということです。

 

sponsord link



 

底砂を敷く(多孔質のソイル等に住み着く濾過バクテリア)ことによってアオコの発生を防げます。

また、タニシ等の2枚貝を入れることにより、この貝が植物プランクトンを食べてくれるので、グリーンウォーターになりにくいんです。

もちろん水草を入れることによっても、水質をビオトープにふさわしいものにしてくれます。

ただ、日光を浴びすぎるとか等の原因により、グリーンウォーター化の方が早く進むと、ビオトープにはならない場合があります。

水質をよく観察し、日光を浴びる時間を制限する等の対策が必要になりますね。

 

私もこれからいくつかの水槽を立ち上げたり、今ある水槽はこのままビオトープとして進めたいと思っています。

先に述べたことに留意し、楽しくメダカ飼育をしたいと思っています。

sponsord link