もうすぐ春ですね。メダカ水槽立ち上げの準備をしています。

ここ最近暖かい日が続いています。

予報では雨や曇りのマークがあるのですが、気温は例年より高く雪の降る気配はまったくありません。

2月下旬で、10℃を上回る気温て信じられませんね。

もうすぐ3月になりますから、このまま春に向かいそうな気がします。

そうなると、新しくメダカを飼育するための水槽の立ち上げをしなくてはなりません。

まだ慌てる必要が無いのですが、以前に書いたように余裕を持って準備したいと思っています。

sponsord link

 

まず水槽ですが、新品の発泡スチロール2個と、去年購入して余っていた黒色の発泡スチロールを使います。

もちろん3個だけでは足りないので、使い古しの発泡スチロールを再利用するつもりです。

それから、プラスチック製の鉢を利用して、ビオトープとして飼育し、玄関先に配置しようと考えています。

 

今日、注文した底砂が届きました。

シンセーのブラックホールと迷いました。半永久的に使えるという謳い文句で手を出しそうになりました。

使ったことの無いものは不安があります。

使い慣れた焼玉土の黒色を購入しました。

普通のソイルは潰れますから扱いづらいところがあります。

こちらは焼き固めてあるので扱いは楽ですし長持ちします。

ソイルの一種ですから寿命はありますけれど(2年ほどは持つでしょう:まだ使ってから日が浅いので?なんですが・・・)。

一般のソイル(吸着性ソイル・栄養系ソイル)と比べると、いろいろな効果は弱いようです。

多孔質ですからバクテリアは住み着きますが、水草は植えにくいですね(厚く敷けばよいかも知れません)。

私は小鉢を利用して、底に沈めようと考えています。ですからそういった種類の水槽を考えないといけませんね。

 

そういえば、屋外の水槽にポットに入れておいてある姫スイレンですが、小さな芽がしっかりと息づいている状態です。

古い茎はやや溶け気味ですが、暖かくなるとグンと育ちそうな予感がします。

当然その頃になれば、メダカに影響を及ぼさない姫スイレン用の肥料を購入し、一気に成長を促すことにしますね。

ウォーターマッシュルームも溶けかかっているようですが、まだまだ緑色をした部分が残っています。

早く元気に成長して欲しい水草です。

マツモやカボンバもやや茶色身を帯びていますが、なんとか冬を乗り越えたような感じです。

なんとか今ある水草を利用できれば嬉しいのですが、欲しい水草もあります。

トグサのような背の高い水草で、ビオトープの後景を飾ってくれないかなと思います。

 

sponsord link



 

玄関先に置くプラスチック製(これが残念なんですが)の鉢ですが、これにトグサとかあるいは流木や石等で飾りたいんです。

メダカ飼育はもちろん精一杯やりたいし、こうした景観を楽しむ水槽があってもよいでしょう。

 

水温がやや高いので、メダカたちの動きもちょっと大きいかも・・・。

sponsord link
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

sponsord link



管理人です

管理人のしんぺいです。よろしくお願いします。

記事内の画像はクリックで大きく表示されます。

ランキングに参加しています

クリックしていただくと励みになります。

にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村

 

こちらもお願いします。

メダカランキング

管理