メダカのことではないのですが、ここ数日レンタルサーバーの移転を考えていています。

その構築に時間をとられ、ブログの更新が滞りがちで申し訳ありません。

先日から、暖かな日が多くなってきています。

今年の冬を振り返ると、マイナス気温(朝7:00頃)になった日がとても少ないんです。

メダカが十分な冬眠期間がとれずに、ストレスに強いメダカに育たないのではないかと思っています。

昨日は、もう少しで10℃を越えそうな感じでした。

これから暖かい日が続くような予報なので、水換えや餌やりと楽しみなことができそうです。

以前にも書きましたが、その分たくさんのメダカが越冬してくれるのではと考えています。

 

sponsord link

 

今朝は、水温が5.9℃でした。

発泡スチロール水槽のフタを開けると、残念ながら黄金黒鱗ヒカリメダカが1匹が★に、小さな水槽の幹之めだかが今にも★になりそうでした。

なぜだろうと考えたのですが、やはり天候(水温)のためだろうと思っているのですが。

うまく冬眠ができず、体力が無くなっているのかもとも感じます。

屋外で水温が低く、どのように手当をすればよいのかわからないでいます。

水面に漂った様子で、軽く触れると泳ぐのですがとても弱々しいんです。

その危ないメダカを他に移すことは、もっとストレスを与えることになるでしょうし、粗塩の投入も考えましたが今は無理ですね。

といいつつ、メダカたちには可哀想なのですが粗塩を投入し様子見をしたいと思います(水温5℃くらい)。

試験的でメダカには申し訳ないのですが・・・。

 

先にも書きましたが、昨日はとても水温が高かったんです。

各水槽のメダカたちに陽が射し、メダカたちも喜んでいるようでした(今朝★になるなんて考えてもいなかったんですが)。

冬眠がうまくできていないということは、体力がすごく落ちているのかも知れませんね。

かといって、餌を与えるのは駄目ですし(心情的には少しくらいならと思ってしまうのですが・・・)、10℃を越えないとやらないと決めているんです。

私はそうした気持ちなんですが、皆さんは餌やりはどうしていますか。

冬場はやらないのが、原則だと思うのですが(水温との兼ね合いですね)。

屋外の水槽にはミナミヌマエビも元気(?)でしたよ。

 

sponsord link





 

相変わらずなのは屋内加温水槽のメダカたちです。

いつも25℃に保たれた環境にいますので、水質悪化に気をつけていれば余り問題はないのかなと思っています。

★になることもなく、楽しそうです。

数週間ほど前には抱卵していたメダカもいたので、暖かくなる時期に向かって作成した産卵床を浮かべています。

本格的に採卵するつもりではなく、試しに浮かべて間違って(笑)産み付けてくれたら良いなって感じです。

sponsord link