昨日投稿した産卵床の材料を使って、いくつか作成に挑戦してみました。

なにしろ、メダカ飼育の方はすることが少なく、暇を持て余し気味です。

来週から、気温もやや高いような予報が出ています。

十分な冬眠ができなかった、屋外水槽のメダカたちです。

このまま春を迎えると、たくましいメダカにならないんじゃないかと勝手に心配しています。

その分、多くのメダカが★にならないで済むかも知れないですね。

sponsord link

 

プールスティックは、簡単にカッターで切ることができますね。

約1㎝チョイの厚さ(適当に目勘定ですが)に切りました。

多少(ほとんどまっすぐですが)の凸凹には目をつむります(笑)。

よく切れるカッターなら、スパッとまっすぐになるでしょうね。

 

次はタワシですが、1枚を半分にして切り込みをハサミで入れます。

これも適当な幅で、上の方を2~3㎝残し短冊状にします。

多少幅が違ったり、切り残す部分の長さが曖昧でも構わないでしょう。

 

切ったタワシをくるくると丸めて、プールスティックの穴に差し込みます。

あまり強く巻くと、プールスティックの穴に入れたとき緩くなりますから、ソフトに・・・。

まあ、緩ければタワシの余りを穴に差し込めば良いだけですけれど。

とりあえず2個だけを試し製作(製作って大袈裟ですね)してみました。

1個の作る時間は1分ほどでしょうか。

余りにも簡単なので拍子抜けするくらいでした。

 

sponsord link





 

ハードタワシではなくソフトタワシで作ったので、もしかしたら水に沈まないのではないかと心配しました。

心配無用でした。ご覧の通り水面に浮かんでいます。

問題はは耐久性でしょうか。ソフトタワシは弱そうな気がしますので。

実際に使用してみてどうかという感じですね。

ワンシーズンしか持たないとか、もっと短いようだったらハードタワシで作ることにします。

 

屋内の水槽からは採卵するつもりは無かったのですが、とりあえず1個を浮かべて様子を見ます。

もちろん卵が取れれば、MIXメダカとして飼育します。

ただ鑑賞するつもりでしたら、MIXメダカも可愛いし見応えはありますよ。

こうした試しでも、ワクワクと楽しい気持ちになりますね。

sponsord link