年末の寒気団到来と、天気予報はピッタリでした。

今朝は15㎝あまりの積雪で、まだ雪が降り続いています。

年末年始と長く居座る寒気のようで、こうした降雪の日が長く続くと大変な量の積雪になります。

正月早々の雪かきも嫌だなと思って、外を眺めているんです。

sponsord link

 

今朝の外気温はマイナス1℃でした。

水温は3.9℃です。

水槽の周りは積雪はあるんですが、水槽までは吹き込んだ雪が多少入っている感じです。

フタを開けたときは、フタに少し雪が乗っていました。

 

さすがにどの水槽も、メダカたちは底でジッとしています。

午後になっても気温は0℃で、水温は3.9℃のままです。

餌をやらない日が続いていました。

おかげでどの水槽も、まったく濁りはありません。

透きとおっているので、なおさら冷たく感じます。

メダカは変温動物だから、水温が低くても大丈夫だとわかっていても可哀想に思ってしまいます。

相変わらずよく似た写真の掲載ですが、2枚目の黄金黒鱗ヒカリメダカの水槽は完全に透きとおりましたね。

薄濁りも完全に無くなり、あきらかに餌のやり過ぎが原因だったことがわかりました。

 

そうそう、スネールも見つけたら排除していたので、今では1匹も見ません。

これで何事も無く、越冬してくれればいいのですが・・・。

 

もう昼も随分回った時間ですが、外は雪です。

この時間にこのように降っているということは、夜にはもっと激しく降る可能性があります。

そうして何日か降り続くと、大変な積雪に悩まされるわけです。

 

sponsord link



 

例年は、こうした降雪の日が続くことが数回あるのが当たり前です。

5~6回ほどでしょうか。

寒気が去ったり冬型になったりと繰り返すんですが、寒気が居座ると困るんですね。

最近の天気予報は、よく当たります。

精巧な観測機やたくさんのデータから予報されるんでしょうね。

異常な夏の後に異常な冬というのは困りますから、なんとかいじめないでくださいと地球にお願いするしか無いのかも。

sponsord link