メダカの稚魚を冬なのに屋外飼育。

我が家のメダカ飼育は、屋外飼育の発泡スチロールが5槽あります。

もちろん、それなりに育ったメダカたちです。

初めての冬越しなので、大丈夫なのか心配をしています。

夜にはフタを閉めて、外気温を遮断するようにしています。

夜明け前が一番寒いようです。7:00頃にフタを開けています。

外気温より、水温が高い場合がよくありますが・・・。

sponsord link

 

屋外のメダカたちには頑張って冬越しをしてもらおうとしていますが、今年の秋に生まれた稚魚がいます。

これは、さすがに屋外での冬越しは無理だろうと、玄関で加温飼育をしています。

何度も掲載していますね。すみません(一応その都度撮影しています)。

 

我が家の隣に、息子夫婦が住んでいるのですが、お嫁さんがメダカを飼育しているんです。

お嫁さんの実家でもメダカ飼育していて、自分も飼育したかったようです。

基本的に手間暇はかけず、できるだけ自然に飼育しているようです。

 

我が家で屋内飼育していた稚魚がやや大きくなり、春に屋外飼育に切り替えました。

そのとき十数匹あげたんですが、そのメダカが子を産み、今いるメダカたちがそのとき生まれたメダカなんです。

ご覧のように、我が家の稚魚たちと変わらない大きさなんです。

さすがに動きは緩慢ですね。

 

先日来、薄氷の張るような冷え込んだ日やマイナス気温になった日もあります。

そのような状況下でも、生き抜いているメダカたちに驚いています。

11月頃に、「この稚魚たちは、室内に入れないと外での冬越しは無理だよ。」と助言していたのですが・・・。

そのうち、屋内に移動するのかもね。

 

sponsord link



 

今年は、暖冬気味だということですが、幾ら暖冬といっても雪が降らない年は無いです。

また、1~2月は道路も凍結しますから、とても寒いんです。

今はまだメダカも耐えているかもしれませんが、その時期には耐えられないと思います。

お隣さんには、もう一度話してみます。

 

我が家の屋外水槽にいる黄金黒鱗ヒカリメダカも、稚魚から少し大きくなった幼魚なので心配です。

ただ発泡スチロールの厚さもあり、夕方にはフタを閉めますから、なんとか冬越し出来るだろうと考えています。

屋外での冬越し経験は初めてなのですが、頑張って冬の飼育にチャレンジです。

sponsord link
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

sponsord link



管理人です

管理人のしんぺいです。よろしくお願いします。

記事内の画像はクリックで大きく表示されます。

ランキングに参加しています

クリックしていただくと励みになります。

にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村

 

こちらもお願いします。

メダカランキング

管理