発泡スチロールから、30㎝キューブ水槽に変貌したメダカ稚魚水槽。

30㎝ガラス水槽にしてから、約10日経ちます。

数匹★になったメダカもいましたが、順調に育っていると思います。

昨日、掃除を兼ねて水換えをしてから気づいたのですが、ヒーターのプラスチック部分に苔が発生していました。

このまま経過すると増殖する気配ですね。

今日、ショップに行ったときに、店員さんに聞いてみました。

sponsord link

 

よく行くペットショップで、車で10分ほどですね。

最近は本当に久しぶりでした。店構えです(許可無しで掲載なのでボカシが入っています)。

店内の様子です。

メダカたちも鉢容器でたくさん泳いでいました。右のは楊貴妃メダカでしょう。

貝もいました。

これは小川ブラックと、パンダメダカですね。

と、お店の紹介をしていないで、早く本題に・・・

 

店員さんと苔について話をしました。

私「餌やりが多くて、苔が繁殖し始めたんでしょうか。1日3回ちょっとずつ。」

店員さん「それくらいなら問題ないと思いますよ。水換えもしていらっしゃるし・・・。」

私「1日のサイクル作りに照明もつけているんです。」

店員さん「あっ、そのライトの光で、苔に元気を与えたんでは無いのでしょうか。」

店員さん「ライトが無くてもメダカは育ちますかし、逆に苔は育ちにくくなりますよ。」

私「なるほど。」

 

これまでの飼育経験からも、店員さんのおっしゃるとおりで、自分の経験を見つめ直すことをしなければと思いました。

短い飼育経験ですが、かなり濃密に経験したつもりです。

でも、肝心なときにその経験を生かせていないことに情けなく思いました。

確かに苔や水草は光が無いと育ちません

でも、メダカたちはそこそこ光があれば育ちます。

もちろん太陽光の紫外線を浴びると元気なメダカになりますが、この季節は稚魚にとっては大変ですから、屋内飼育です。

 

ガラスの30㎝キューブ水槽にしたとき、1日のリズムと見る人がよく綺麗に眺められるようにとライトを設置したんです。

結構明るく、水槽内が輝いて見える感じでした。

そのために次の写真のように、苔が繁殖しだしたようです。

 

sponsord link



 

今日は外は雨模様です。小雨ですが、やはり雨では寒いですね。

なので今日は作業をせず、明日には水換えと同時に、ヒーター周りの苔取りと水槽内の底にあるゴミを無くしてやります。

今回は、ショップの店員さんに聞くまでも無く、自分の経験したことや得た知識を活用すれば、十分対応できたことと思います。

ジージですから忘れることも多いんですが、ぼけ防止のためにも役立たさねばです。

sponsord link