夕べ9時頃から、若干台風20号の影響が出始めていた我が地方。

とりあえずスマホのライトを点けて、様子見に行きました。

そのときはあまり影も強くなく、異常はなかったのでし、

とりあえず吹き飛ばされそうなものは、煉瓦を重しにしておきました。

(普段からもそうしているんですが・・・。)

sponsord link

 

 

朝方、ゴーゴーとうなりを上げる音で3時30分に目が覚め、

これは大変かもというわけで暗がりの中を点検してきました。

さすが普段の整理が行き届いていることで、被害が出ていないことに喜んでいました。

何しろ発泡スチロールの水槽ですから、風に弱いのは当然ですからね。

 

 

明るくなってきたので家の周辺を調べていたら、

発泡スチロールのフタや使っていない箱は、こっちの空き地やあっちの道路に飛ばされていました。

周辺を1周して、自分のものだろうというものを回収してきました。

 

 

いつもは自然災害の少ないところなので、ちょっと気が緩んでいるのかも知れません。

困ったことといえば、ゴミが水槽に入っていることです。

まだ風が強いので、収まったら綺麗にしなければね。

 

 

皆さんの地域はどうなんでしょうか。

台風が良く通過する地域で、屋外のアクアリウムを楽しんだり営業されているところは

こうした状況に苦労なさっているんでしょうね。

とくに水槽の数が多いとなればなおさらです。

業者さんの場合は、ビニールハウスもあるから、ちょっとはマシかな?

でも、写真で見る限りは、屋外で飼育されている方もいらっしゃるから大変でしょうね。

 

 

屋外飼育で、こんな台風の影響を受けるのは初めてだったので、どうなることかと思っていました。

発泡スチロールの水槽とはいいながら、飼育水が入っていればとても重いですから、滅多に大きな被害は出ないのかも知れませんね。

 

sponsord link



 

以前の大雨による災害では、飼育場が流されてしまった業者さんもあるそうです。

そこまでの災害になれば、生活の場が危うくなるわけですから、どう捉えるのかは難しいですね。

メダカだけの全滅(施設も)ですんで良かったのか。

人が助かっただけでも良しと考えるのか。

それでも、今後の生活を考えると。大変さが充分わかります。

メダカで生計を立てるには、最低でも広大な敷地が必要となるということを、聞いたことがあります。

水害や台風の害等を考えると、大変な規模の害になることと思います。

 

 

せめて、私たちがそういう業者さんに、メダカの飼育を楽しませてもらっているのですがら、

なんとが更生できるようにしてあげたいですね、寄付とか・・・。

 

今回の些細な被害でしたが、いろいろなことを考えさせられました。

sponsord link