屋外に発泡スチロールの水槽がいくつかあります。

針子や小さな稚魚が入っている、グリーンウォーター水槽

そして、そこから成長した稚魚を入れているグリーンウォーター水槽。

意識的に、グリーンウォーター水槽として作り、飼育しています。

最終的に成長したメダカは、ビオトープ水槽で飼育するつもりでいます。

 

 

というわけで成魚用とエビ用に、6つの発泡スチロールの水槽があります。

1つは、ヤマトヌマエビとミナミヌマエビだけの水槽です。

他は成魚メダカ用です。(そこで生まれた稚魚も少し入っています。)

sponsord link

 

最近立ち上げた水槽は、明らかにビオトープ化しています。

残り5つの水槽の内、3つ(エビ水槽も含んでいます)は透き通ったビオトープ水槽です。

しかし、残りの2つについては、よく目を凝らさないと底までは見にくく、

もしかしてグリーンウォーター水槽かもと思っています。

 

 

私としては、グリーンウォーター水槽は稚魚水槽まで、と決めて

成魚メダカはビオトープで飼育したいと考えていました。

ところが先に述べたとおり、両方の水質の水槽になっていました。

 

 

何かが違っているから、意図しない水質の水槽ができるんですが・・・

なぜだろうと、違いを分析(大袈裟な表現)しました。

 

 

容器は全て発泡スチロールです。

全てに水草が入っています。

エアレーションをしています。

もちろん、飼育しているメダカの品種は違います。

 

sponsord link



 

もう一つ違いがありました。

底床に敷いた底砂です。

この底砂によって、2種類の飼育水槽になるのかよくわかりません。

違いはこれだけなんです。

 

 

稚魚用のグリーンウォーター水槽には、底砂は入れていません。

グリーンウォーター化している水槽の底砂は、焼赤玉土というものです。

ビオトープとなっている水槽は

新しく立ち上げた水槽には、天然ろ過ソイルを敷いています。

他は、水がスッキリ綺麗なというピュアソイルブラックです。

 

 

もう答えは出ましたね(失礼な言い方ですみません)。

底砂の違いで、2種類の水槽ができあがったわけです。

バクテリアが定着しやすいかどうかで

違いがあったと考えるべきなんでしょうね(私のような初心者の判断ですが・・・)。

 

 

確かお店の人から、「焼赤玉土はバクテリアが定着しにくいですよ」と言われた記憶があります。

そのときはオロチメダカを飼育したくて、この赤い色のものにしたんです。

 

 

水草を入れることによって、バクテリアが繁殖しやすく

グリーンウォーターにはなりにくいと聞いていたのですが、水草の力はたいしたものではないのかも・・・。

(水草は、こういうことだけのために、入れるんじゃないんですが:水草に失礼でした。)

 

 

どのような水質の水槽でも、元気にメダカが育ってくれれば良いのですが、

できれば透き通った水で眺めたい、という願望があるわけです。

都合がつけば、ビオトープに再度チャレンジしたいと思っています。

 

* 今朝、グリーンウォーター化したといった2つのうちの1つの水槽を見ると

結構透き通っていました。溶岩石(バクテリアが住み着きやすい)とかが入っていたからかも知れません。

こうしたちょっとの違いでも水質が変わるのかも知れませんね。

* 投稿した内容にも、まだまだ様子を見ながら、ハッキリとしたことが言えるようになりたいと思います。

しかし、底砂は何らかの形で大きく影響をしているのは確かだと感じました。

 

う~ん、(初心者には)奥が深い。

sponsord link