水槽を立ち上げたときには、バクテリアはいません。

バクテリアが存在しないと、その水槽ではメダカは住めないんです。

あなたは、水槽内にバクテリアを増やすための方法を、どのようにしていますか。

ここでは、そのバクテリアを繁殖させて

メダカにとって住みやすい環境を作る方法をお話しします。

 

水槽に水を入れてから数日経つと、空気中からバクテリアが水に入ります。

でもとっても少ないんです。

1~2週間ほど経過すると、生物濾過に必要なバクテリアが繁殖します。

水槽内の水も透明になってきます。

それらのバクテリアのすみかになるのが、フィルターの濾材や底砂等です。

sponsord link

 

バクテリアは水槽内の有害物質を食べ繁殖します。

生体が入っていない状態ではなかなか増えてくれません。

メダカやエビ等の糞や与えた餌の残りを分解して繁殖します。

ですから水作りをするには、数匹(2~3匹)のメダカを水槽に入れる必要があるんです。

そのメダカたちをパイロットフィッシュと呼びますが、

そのメダカたちの存在が、バクテリアをより活発に活動させ増えることになります。

 

パイロットフィッシュが役目を務め、いよいよ本格的にメダカを投入すると

そのメダカたちの糞や餌の残りからできるアンモニアを、バクテリアが分解してくれるんです。

ですから、バクテリアは欠かせない存在であり、それらの住み家も確保してやる必要があるわけです。

 

バクテリアの必要性を、少し詳しく述べてみます。

タンパク質を、有害なアンモニアと亜硝酸に分解するバクテリアがいます。

その有害な亜硝酸を、硝酸塩に分解する別のバクテリアが存在します。

水質が安定した水槽では、バクテリアが炭酸塩(毒性が弱いんです)に分解します。

そうして、水質の安定に欠かせない微生物となるわけです。

メダカたちに適した環境サイクルができあがるわけです。

 

こうして水質が安定するわけですが、メダカにとっての不純物が少しずつたまっていきます。

その水質を綺麗にするために、フィルターを利用したり水替えをときどきするわけですね

この際にいくつか注意することがあります。

フィルターに生息するバクテリアを無くさないように、軽く洗うのが大事です。

また、水替えも一気にたくさん入れ替えると、バクテリアを失うことになります。

ですから、1/3~1/4程の入れ替えを3~4日くらいで行いましょう。

 

私は今、紅帝メダカ(赤系のメダカがいないので寂しいんです)を注文しているところです。

それに伴い、水槽を立ち上げています。

その際には、今まで問題なく元気に泳いでいるメダカ水槽の水を、種水として利用します。

バクテリアを多く含んでいるので、立ち上げが早くなります。

とても便利で、楽ですよ。

sponsord link



 

水槽を立ち上げるときは、今まで述べてきた新規に立ち上げる場合は、メダカを投入するまで結構時間がかかります。

ようするに、バクテリアを増やすまでの時間がかかるということです。

先ほど述べた種水利用もありますが、新規で立ち上げを行う場合もありますから、参考にしてください。

sponsord link