望遠レンズが届いたのでメダカを撮影してみました。

今日も良い天気で。日中は少し汗ばむほどでした。 昨日の夕方オークションで手に入れた、望遠レンズ(TAMRON SP 70-300mm F4-5.6 Di VC USD for CANON)が届きました。 水槽に陽の当たるころに持ち出し、練習をしてきました。 他にも花等を被写体にして撮ってきましたので、最後に掲載しておきます。 うまく撮れているかどうかはよくわからないのですが

続きを読む

メダカ水槽のヒメスイセンが虫に食われたような状態はなぜ?

日頃からメダカだけでは無く、水草にもしっかり観察することが行われていれば良かったのですが。3つの水槽にヒメスイレンを入れていますが、その中の一つの水槽のヒメスイレンがまるで虫に食われたような穴が空いています。原因はスネール(サカマキ貝)なのかな?スネールは他のものに、害を及ぼさないと聞いているんだけれど。でも実際はどうなんでしょうか。

続きを読む

軒下のメダカ水槽ですが、陽の当たる時間が短いんです。

今朝(7時過ぎ)は約8℃の水温でした。 12:00で12℃やや越え。 ほんの少しですが、餌を与えました。 水槽に陽が当たる時間は、1時間半ほどなんです。 以前に書いたんですが、陽が当たらなくても、必要な紫外線はメダカに降り注いでいます。 そういうわけで、問題は無いんですが・・・。 陽が当たり始めたのは10時半過ぎです。  もう陽が当たらなくな

続きを読む

メダカ撮影をマクロレンズの手振れ補正無しで練習撮影。

朝方まで降っていた雨も上がり、陽の射す良い天気になりました。 前回撮影に挑戦して、環境が悪くなりだ断念していた手持ち撮影に挑戦しました。 以前はアートフォーカスでf値を10前後に開いた感じで撮影してみたんです。 しかし手振れ補正の無いマクロレンズでは、どうしてもピントが合わなかったりで、綺麗に撮影することができなかったんです。 今日はAF撮影では無く、Mモードのシャッター速

続きを読む

幹之メダカ鉄仮面を他の水槽に移動させました。

幹之メダカ鉄仮面メダカ2匹を、迷っていましたが他の水槽に移動しました。この季節の変わり目というより、かなり水温が下がっているので心配なんです。メダカのストレスが大きいと思いますが、私の透きとおった水が好きが強かったのかもしれません。ただ写真撮影のタイミングも重なり、移動を実施してしまいました。

続きを読む

メダカを上手に撮影するにはどうすればよいのだろう。

メダカ撮影に挑戦しているのですが一向にうまくなりません。最近の天候も雨が続いて、撮影練習するにも、できない状態です。カメラの本を読んだりしながら、とりあえず知識を詰め込んでいます。しかし、実際に撮影をしないと上達しないとわかっています。そのためにもレンズを考えて・・・。

続きを読む

メダカの新品種を作るにはメンデルの法則を知ることが必要かも。

趣味が高じていう言葉がありますが、メダカ飼育を続けていくうちに、繁殖そして新品種の作出といった事にハマっていく場合があります。メダカを眺めているのが最大の楽しみであっても、メダカが増えるにつれ、そうした気持ちが芽生えてくる可能性が大きいです。そうしたときに「メンデルの法則」を知っていることが、より楽しみを倍増してくれることでしょう。

続きを読む

来春のメダカの繁殖について目標を考える。

穏やかな秋の気候に、メダカ飼育も冬の準備が終わると一段落です。飼育水の水換えと、足し水あたりがメインの仕事です。もちろんこの機会にじっくりとメダカの様子を観察し、異常が無いかどうかを冬前に見つけてやることも大切なことです。しかし、猛暑の頃と比べると本当に楽になりました。こんなとき、来春の繁殖について考えてみるのはいかがですか。私なりに考えていることを紹介します。

続きを読む