CANON EOS 6DMARKⅡでメダカ撮影の練習をしました。

台風25号が去ってからは、秋晴れのよい天気です。朝と日中の寒暖差があるので要注意です。1匹が☆になりました。さて、このよい天気の陽は、メダカの撮影日和です。キャノン6D MARKⅡにマクロレンズで、メダカ撮影に挑戦しました。なかなかうまく撮れませんね。頑張らなくっちゃ・・・メダカ飼育と写真撮影に。

続きを読む

オロチメダカ水槽にどんな底床(底砂)が良いのでしょうか。

オロチメダカを1ヶ月ほど前に購入しました。真っ黒な容姿にメダカとは思えない驚きがありました。そのオロチメダカを飼育するのですが、屋外飼育ですから、当然上見での鑑賞になります。オロチメダカは黒色が固定していますから、水槽は白い発泡スチロールでもよいのですが、底砂は何がよいのか迷っていました。バクテリアとオロチメダカの見栄えや使用感の兼ね合いで決めました。

続きを読む

メダカ水槽まるごと(メダカは別に)移動し、ソイルの継ぎ足しを実施。

今回の水槽移動について思ったことがあります。余ったソイルを、何とか他の水槽でもう一度利用できないかということです。ソイルはバクテリアの温床として活躍してくれますし、水草を植えるにもとてもよい底床だと思います。若干値が張りますから屋外飼育の場合、あまり使用されません。できれば余ったソイルをもう一度他の水槽で使いたい、と思うのは私だけではないと思います。

続きを読む

屋外メダカ飼育の場合の日光との関係を考えてみました。

何とか冬に向かっての水槽移動が終わりました。ただ、我が家の軒下の環境としては、隣家との間隔が狭く日光が照射する時間が極めて少ないのです。そうした環境下でのメダカの育成や水草の成長が、果たしてうまく出来るのかどうか考えてみました。

続きを読む

屋外メダカ飼育の水槽置き場を軒下に変更しました。

今日は曇り空。 天気予報では後に雨が降るようなことも・・・。 とにかく台風25号が来る前に、冬支度のつもりの水槽移動。 せめて生体の移動だけでもと、休憩を入れながら頑張りました。 途中、通販ショップから水草が届きました。 左がミニマッシュルーム。右がヒメスイレンです。 他の水槽でしばらく様子を見ます。 害虫の卵とかが付いていると困り

続きを読む

屋外メダカ飼育の水槽置き場を変更します。

台風24号も過ぎ去り(被災地の方には、お見舞い申し上げます)、今日は秋晴れです。 しかし天気予報では25号が接近中で、晴れ間も数日かなと考えています。 その間に、日頃から行う予定にしていた、屋外の水槽を移動しようと軒下の片付けをしました。 汚れた場所ですが、積雪・落雪が防げる場所なので、ここにとりあえず決定です。 ただ近接する家のために、日光の当たる時間が少ないのが残念

続きを読む

アクアリウムのお店の水槽はなぜピカピカなんでしょうか。

私がメダカ飼育をしようと考えたのが、ドジョウの飼育に失敗し、メダカの飼育にも失敗したからです。 何も知らず、綺麗さを追い求めて生体のことなどは眼中に無かったんです。 無知とは怖いですね。 ドジョウやメダカにはとても顔向けできないようなひどいこと(カルキも抜かず、水合わせなんて知る由もなく)を そのため、当然全滅です。 初めてショップから購入したのは、値段的にも飼育しや

続きを読む

屋外メダカ飼育で10月はこんなところに注意したい。

10月は過ごしやすい季節ですが、季節の変わり目であり、体調を崩しやすいのは人も屋外飼育のメダカも一緒です。そうしたところにも観察をしっかり行うとともに、これから迎える寒い季節への対応も考えていきましょう。冬への準備は10月までです。やり残しの無いようにしっかり実施しましょう。

続きを読む

屋外メダカ水槽を冬でも安全な場所に移動させたい。

台風24号が過ぎ去った後に、冬支度を兼ねて水槽の大型化と移動を考えています。我が家では1番安全な軒下が良いと思っています。ただ、日当たりが悪いので悩んだのですが、冬の降雪や落雪等を考えればよいところでしょう。皆さんは、初めからよい場所に設置しておられるなら、問題は無いと思います。よりよいメダカたちの環境を作ってやることが、飼育者としての勤めかな、と格好良く言うつもりは無いんですが、できる限りのこと

続きを読む

屋外メダカ水槽の冬支度(その3:餌編)をそろそろ行いましょう。

屋外メダカ水槽の冬支度(その3)を掲載しました。今回は餌やりについてです。季節的に寒い日が訪れていますが、そうした日々に対して、どのように餌やりをすれば良いのかを紹介しました。可愛いメダカたちに対しての対応は、なかなか大変かも知れませんね。

続きを読む