来春のメダカビオトープの完成構想を突き詰めてみました。

昨日、来春にメダカビオトープとしての水槽を紹介し、どのような考えでいるのかを掲載しました。低床や水草そしてメダカたちが、より自然に近い環境で育つことを目的としています。今回はどのような低床や水草がよいのか、具体的に選んでみました。

続きを読む

来春のメダカビオトープ水槽の構想を練っています。

10月の初め頃、来春に向かって使用する、ビオトープ水槽の事について掲載しました。底に穴の開いているプラスチック製の植木鉢です。外寸は、直径60㎝高さ25㎝あります。大きさ的に充分かなと思いますが、何しろ植木鉢です。底に排水用の穴が開いています。1㎝強の穴が7カ所です。

続きを読む

メダカ稚魚水槽は元気な稚魚たちで大賑わい。久しぶりに撮影再開。

昨日は3連休最後の日曜日も良い天気でした。ちょっと風はありましたが、南風で気温はこの時期としては暖かでしたね。水温の上昇もそこそこあり、極々少ない餌やりを昼頃しました。玄関にはメダカの稚魚たちが、ヒーターで加温した水槽で元気に泳いでいます。以前のグリーンウォーターで無加温のときとはまったく違った様相で、嬉しい限りです。

続きを読む

屋外メダカ水槽の水温と気温の差があるので困ります。

三連休の中日の土曜日、秋も深まり冷え込みが強くなってきています。1日目は雨模様でした。今日はとても良い天気です。しかし、天気が良い分気温が低いんです。7:00で3℃の気温。多分明け方はもっと冷え込んでいると考えられます。このときの水温が8℃と、気温より高いんです。

続きを読む

稚魚メダカを発泡スチロールの新水槽に移動させています。

今日はとても寒い朝でした。  ご覧のように8:00頃で7℃の気温。 屋外水槽の水温は7.18℃と、今期最低水温です。 屋外水槽の発泡スチロールのフタを外すと、メダカたちは底の方でジッとしていました。 やや若い黄金黒鱗ヒカリメダカは、10℃を少しくらい下回っても元気に泳いでいたのですが・・・。  今朝の屋外水槽のメダカたち。 昼前から陽が当たり、水

続きを読む

屋外水槽のメダカは、冬が近いけれど元気に泳いでいます。

小雨模様だった今日1日でしたが、気温15.6℃(水温14.9℃)は高い日でした。メダカたちは、いつもより活性が高かったかなと感じています。朝から陽の射す日は、気温(水温)は低く、水温は10℃台です。昼は結構気温が上がるのですが、水温はそれほど上昇してくれません。せいぜい2~3℃くらいの上昇ですね。

続きを読む

玄関の水槽で稚魚メダカが10数匹★になりました。

玄関で飼育している、発泡スチロールの稚魚たちの水槽を眺めて驚きました。稚魚メダカの様子がおかしいんです。 「なんだか元気が無いな」と思いよく水槽内を眺めると、隅の方に2匹ほど★になった稚魚がいました。水槽内を調べると、しっかり数えてはいなかったのですが10匹以上が★になっています。

続きを読む

メダカの撮影が難しい季節になり、被写体を変えて撮影練習。

メダカの活性が落ち、水面に上がってくることが少なくなりなりました。活性の落ちているときに、ケースに入れるなんて事も出来ません。メダカを撮るために、一眼レフカメラに必要なレンズを購入しました(標準レンズ付きでしたが、メダカ撮影には使っていません)。接写するためのマクロレンズ(これは新品ですが手振れ補正が付いていません)と、その後望遠レンズ(中古ばかり)を購入しました。望遠レンズは、離れたところから撮

続きを読む