屋外メダカ水槽、ビオトープとグリーウォーター水槽になっていました。

稚魚はグリーンウォーター水槽で飼育しています。成魚メダカ用には、ビオトープ水槽にして飼育することを目標にしていました。ところが同じ環境でビオトープ水槽を作っていたつもりが、いつの間にか2つの水槽がグリーンウォーター化した水槽になっていました。原因は・・・なあんだ、そんなことだったんですね。

続きを読む

屋外メダカ水槽を立ち上げたのでパイロットフイッシュを投入

約3週間以上前に、新しく屋外水槽を立ち上げていました。ちょっと遅くなったのですが、昨日パイロットフィッシュを投入しました。最終的には紅帝メダカを飼育したいと考えています。色揚げ効果を狙い、黒い発泡スチロールなんです。パイロットフィッシュとは、どんなものなのを紹介しています。

続きを読む

室内飼育水槽に紅帝メダカを入れたのが間違いだったのかも・・・

30㎝キューブ水槽に紅帝メダカの若魚を、他の生体と一緒に投入しました。他の生体(ビー・シュリンプの赤白帯と黒白帯、キラー・スネール)は元気に泳いでいます。キラー・スネールの動きは鈍いですが(笑)。しかし、紅帝メダカの1匹が投入した次の日に☆になっていました。そのための対策を考えています。

続きを読む

メダカ飼育 グリーンウォーター飼育がよいと言われる理由とその方法

グリーンウォーターによる飼育ってどうするんでしょうか。初心者にとってグリーンウォーターの意味さえ、わからない場合があります。ましてやグリーンウォーターで飼育するときなると、どうすればよいのか戸惑ってしまうことがあります、グリーンウォーターの飼育方法を紹介します。

続きを読む

メダカ飼育水の表面に油膜ができるのを防ぐには

メダカを元気よく飼育するために、水質の悪化を防ぐことに皆さん力を注いでおられると思います。とくに夏場は水質悪化が顕著になりやすいですね。水温上昇をスダレを掛けたりヨシズを使ったりして、日除けをしていらっしゃる方が多いのではないでしょうか。スダレを掛けたりすると、通風が悪くなり、水中の酸素が減ったりします。通風が悪くなるのも水質悪化の原因ですが、油膜が水面に張ってしまい、空気を遮断してしまうことがあ

続きを読む

メダカ屋外飼育。雨の日の対応方法。

雨の日が続いたり台風が接近すると、屋外で飼育しているメダカのことがとても心配になります。それは、水槽内の水があふれかえってしまったり、雨水が入ることにより水質の弊害が予想されたりするんです。これら等、雨によるメダカの飼育対策をどのようにするかを考える必要が出てきます。管理者の実体験を元に、少しでも参考になればと思い紹介していますので参考にどうぞ。

続きを読む

室内エビ水槽でエビが死んでしまった原因は思わぬところに。

メダカたちとヌマエビを屋外に移し、レッドチェリーシュリンプとイエローチェリーシュリンプだけを観賞用に、屋内30㎝水槽に入れ楽しんでいました。小さなフィルターとブクブクを設置し、水草はアナカリスを植えてあります。約3週間何事もなく鑑賞していたんですが、ある日の朝、水槽を見ると数匹のエビが☆になっているじゃないですか。なぜだろうと一生懸命原因を探したのですがわかりません。ハッと頭に浮かんだことがありま

続きを読む

エビ水槽の白にごりを無くす方法。

先日、底砂をピュア・ブラックに変えて鑑賞しています。 そのとき若干ですが、白くにごった感じだと書きました。 何事も、思ったとおりにいかないと気になる性格なのです。 この白にごりは、どうすればよいんだろうと、ネット調べとペットショップの店員さんの意見。 同じでした。 「原因がいろいろあるんです。」って話です。 一番は水槽のリセットですが、調

続きを読む