メダカの稚魚水槽に茶苔取り用にミナミヌマエビを投入しました。

メダカの稚魚水槽に、茶色の苔が繁殖して困ってるということを、2日前に投稿しましました。 その対策に、ミナミヌマエビを注文したのですが、今日届きました。 チャー○さんは、いつも配達が早いですね。 30㎝キューブ水槽にヒーター加温(25℃)しています。 ミナミヌマエビは常温(10℃~15℃)で配送されますので、届いてから投入するまでは水温・水質に慣れさせる必要があります。

続きを読む

メダカ稚魚水槽に茶苔が発生します。効果的な除去方法。

今年の冬は、去年の秋以降に生まれた稚魚を、屋内水槽で加温飼育をしています。現在、メダカ稚魚たちは元気よく泳ぎ回っています。基本的に、水換えを2~3日に1回のペースで行っています。メダカたちの排泄物が主に底に沈んでいますので、それを中心に吸い取り、飼育水の温度合わせをしてから補充しています。しかし1週間ほどすると、水換えを行っているにもかかわらず、水槽内側壁面に茶色い苔は付着してきます。昨年は屋内飼

続きを読む

オロチメダカと小川ブラックメダカの定義と見極め方法

2019年に入り、もう1月も半ばになります。暖冬といわれているように、まったく雪が降る気配が最近ありません。気温も例年より高い気がします(もちろん最低気温は0℃を下回る日もありますが・・・)。水温は2℃くらいから5℃近くを保っています。 我が家には屋外でオロチメダカを飼育しています。12匹いると思うのですが、水草や置物の陰に隠れてジッとしているので、曖昧な数を書いています。

続きを読む

赤くて綺麗な楊貴妃メダカと紅帝メダカ。その違いは?

昨年メダカを購入する際、楊貴妃メダカと紅帝メダカを別々の水槽で飼育していました。そこから生まれた子どもたちですが、付着していたホテイアオイ草の卵を同じ水槽に入れてしまいました。ですから、そこから生まれたメダカは、楊貴妃メダカと紅帝メダカの子どもたちが混じっているんです。きっと大きく成長すれば判別できるだろうと考えていたのですが、なんと同じ赤い色なんです。楊貴妃メダカより紅帝メダカの朱色が強いといわ

続きを読む

素晴らしい幹之(みゆき)メダカの特徴を知り、あなたも飼育しませんか?

私が最初に飼育し始めたときは、メダカがいろいろ混ざっていました。今から考えると、ヒメダカや黒メダカそして楊貴妃メダカ。なかには幹之メダカも混じっていたと思います。幹之メダカはかなりメジャーなメダカとして、ファンもたくさんおられますね。10年くらい前に作出され、一気に注目され人気が出たようです。遅ればせながら、私もその一人です。

続きを読む

メダカの繁殖には、性別の判定方法を知ることが大切。

屋内飼育は、年間を通じて繁殖させることが可能ですね。我が家では、稚魚だけは屋内の加温ヒーター水槽で飼育していますが、他は屋外です。屋外の水槽にいるメダカたちが、春になり活性が上がらないことには繁殖は無理ですね。当然ですが、繁殖させるには雄と雌のメダカが必要です。私は近くのショップで購入するときは、「雄と雌をください。」とお願いしています。ネットでは、まだペアでの購入はしていません。何しろ種親のペア

続きを読む

雪に埋もれた水槽のメダカ稚魚が元気に泳いでいます。

昨年末に我が地方は降雪が有り、今季初めての積雪となりました。積雪量は35㎝位でそんなに驚くほどでは無かったんです。以前にお伝えしたのですが、発泡スチロールの水槽がすっぽり雪に埋まってしまいました。今年(2019年)になってからは、ちらほらと降雪はあったものの、結構よい天気で積雪もほとんど無くなりました。

続きを読む

メダカ稚魚水槽の掃除と水換えを実施し、動画も撮りました。

先日から、メダカ稚魚の汚れが底にこびりついています。水換えの時にゴミを吸い取ろうとしても、無理だったので少し頑張って底を洗おうと思っていました。スポンジで水槽の底を中心に、内面を綺麗に拭き取ってやりました。水槽内に汚れが舞い上がってきましたが、若干飼育水の下の方に戻ったので、ホースで吸い取りです。前回の吸い取りが強かったので、今回は細いホースを使いました。

続きを読む

メダカの稚魚をスマホの240fpsのスローで撮影してみました。

今回はメダカの話題からちょっと離れています。私のスマートフォンには、240fps(1秒間のフレーム数)でスローモーション撮影ができるカメラモードがあります。4K動画も撮れますが、スローモーションの場合は児童で1080p(1980×1080のフルサイズ・・・私にはこれで充分)に変更されます。ということは、4K 動画のスローモーションが撮れないということです(私には必要が無いモードですが)。

続きを読む

メダカ品種の選別用具とその方法

まだまだ目の肥えていない管理人です。来春に向け、少しでも的確な選別の方法を取得したいと考えています。しかし、簡単で無いことも事実と捉えているんです.そのうえで、どのような選別用用具が必要なのかを考えてみます。また選別方法はどのように・・・。

続きを読む