昨日は全国的に暑い日で、12月に入ったにもかかわらず、夏日を記録したところが多かったですね。

我が地方も、10℃くらい気温が下がりました。

昨日の水温が14.9℃と高かったですが、今日の水温は13.0℃で気温のような大きな変化ではありません。

水温は、あまり急激な変化がありませんね。

sponsord link

 

人にとっては健康を損ないそうな気温の差ですが、メダカたちはとても元気です。

12℃以上なので活性が上がっているようです。

水面に上がってきていたので餌を少しやりました。


ご覧のように餌をパクついています。

2枚目の黄金黒鱗ヒカリメダカは幼魚なんですが、匹数が多いので若干多めに与えています。

しかし、餌が成魚用を少しすり潰しているのですが、大きくて食べられないのか若干残っています。

稚魚用の餌を与えると、再度食べていました。もう少しきめ細かくすり潰そうと思っています。

他の2槽では、綺麗に食べ尽くしています。

餌の与えられる日は気持ち的に満足感があります。ちょっとでも元気で大きくなって欲しいですから・・・。

しかし週末は、雪が降る予報です(涙)。

 

一方稚魚水槽ですが、ヒーターがあるのでどのメダカ(大小様々なんです)も元気に泳ぎ回っています。

写真をご覧になるとわかると思いますが、水槽の底に黒くゴミがたまっています。

また投げ込み式のフィルターも、結構汚れが目立ちます(ときどき中のフィルターを洗っているんですが)。

生体はメダカしかいませんので、このメダカたちの糞だと思います。

昨日、水換えと底の汚れを少しですが掃除したのに、1日でこのような状態です。

それだけ新陳代謝が活発で、成長しているということなのだと思い満足していますけれど。

(同じような写真が並んでしまいました。後の写真はゴミを大きく撮ったつもりなんですが。)

 

sponsord link



 

人にとっては健康被害を与える気温の大きな上下も、メダカたちにとってはあまり大きな影響がないようでした。

でも、不安定な天気はなにものにもよくないと思いますから、季節な季節の移り変わりをしてもらいたいものです。

そうは言っても、雪に関わるスキー場等には申し訳ないですが、暖冬を望むのはメダカ飼育者の願いかも知れませんね。

sponsord link