メダカの稚魚をスマホのカメラアプリで撮影しました。

以前に何度かチャレンジした、スマートフォンのカメラアプリでのメダカ撮影

なかなかうまく撮れず、やむを得ず一眼レフカメラを購入したんですが。

最初からスマホに標準で入っていたカメラアプリと、別途有料のカメラアプリを使って撮影してみました。

sponsord link

 

スマートフォンは少し古いgalaxy S8+です。

それの標準カメラアプリと、camera FV-5という有料カメラアプリです。

両方ともオート撮影とマニュアル撮影が出来ます。

 

FV-5の方が標準のものより、マニュアル撮影の設定がし易いように思いました。

両方ともポートレートの撮影は楽ですが。

 

しかし、早く動く稚魚たちを撮影するには大変苦労します(もちろん私の腕前ですから・・・)。

何枚も撮影しているうちに、どのように設定していたかがわからなくなってきました。

ちょっと曖昧ですが掲載したいと思います。

 

FV-5のほうです。

設定は、SS:1/50、f1.7、ISO:800

トリミングしたものです。

 

こちらは標準カメラアプリ

設定は、(左)SS:1/50、f1.7、ISO:191 (右)SS:1/30、f1.7、ISO:156(フラッシュ有り)

トリミングしたものです。
 

 

両方のアプリともうまく撮れていませんが、ちょっとFV-5の方がよいような気がします。

何しろ稚魚たちの動きが速いので、大変です。

餌を与えて、浮いてきて食べているところであれば、多少なりとも動かないのですが・・・。

写真に餌が写り見苦しいと思うので、そのまま撮影しました。

 

sponsord link


 

ブログに載せるのであれば、基本的に記録がメインとなります。

販売店さんであれば、よりよい撮影が求められるのは当然と思います。

そう考えると、私の場合は一眼レフでなくてもよいのかなと感じます。

 

もちろん撮影の楽しさは一眼レフが数段上です。

どれだけスマートフォンのカメラが素晴らしくなっても、基本的に記録媒体が小さいですからね。

一眼レフの事もよくわかっていないのに、大口をたたいていますが、スマホのカメラアプリの設定も、もちろんよくわかっていません。

 

ずいぶん前から、スマートフォンのカメラアプリには興味があり、体験したり購入してすぐキャンセルしたりして、選んでいました。

スマートフォンの性能もかなりよくなっていますし、カメラ性能もとてもよくなってきていますね。

しかし、スマホのカメラは一眼レフを越えることは出来ないでしょうから、そうした現状を考えると、TPOによってどちらかを上手に使い分ければよいんですよね。

 

将来、私がメダカ販売をするときは(絶対にありません:資金はもちろん時間も足りませんから)一眼レフで綺麗な写真が撮れるようになりたいです(爆)。

sponsord link

コメントを残す