来春のメダカビオトープの完成構想を突き詰めてみました。

昨日、来春にメダカビオトープとしての水槽を紹介し、どのような考えでいるのかを掲載しました。

低床や水草そしてメダカたちが、より自然に近い環境で育つことを目的としています。

今回はどのような低床や水草がよいのか、具体的に選んでみました。

sponsord link

 

直径60㎝、高さ25㎝のブラウン色のプラスチック水槽(元は植木鉢)をもとに、どのような景色にするのかを考えます。

玄関先に設置するので、人に見てもらうことになりますね。

そのためには、メダカはもちろんメダカを取り巻く景色が、美しいものになるようにしなければいけません。

そこで、実際に手に入れようと思うものを考えました。

 

まずは低床です。

低床に使えるものとして、土、砂利、ソイルが思いつきます。

土では、荒木田土や赤玉土があります。

荒木田土は田んぼの土によく似ているので、栄養分が豊富です。

そこがメリットでもありデメリットともいえます。

メダカや水槽に育成にはよいのですが、観賞用の綺麗な水を維持するのが難しいんです。

安くてよいのですが、私には綺麗な透きとおった水を理想としています。

なので、グリーンウォーター化しやすい荒木田土は向いていないと感じます。

 

そう考えると、価格的にも同様に安い赤玉土がよいのかと思っています。

荒木田土に比べると、養分が少なく苔が生えにくいことや、バクテリアが住み着きやすいことがメリットです。

弱酸性なので、水質が酸性に偏りやすいのがデメリットでしょう。

これは工夫次第で改善できるでしょう。蠣殻を入れるとか。

 

ソイルは高価です。

屋内用には向いていると思いますが、屋外では使いづらいです。

 

 

次は、水草です。

ビオトープ水槽は、景色が大切と先の書きました。

ですから、奥に高い水草を配して徐々に低くするのがよいでしょう。

水面に、太陽光が当たることも必要ですから。

 

一番奥に配する水草は、トクサがよいでしょう。

暑さや寒さに耐えられる、丈夫な草です。

なかなかよい雰囲気を醸し出してくれます。

 

中間には、浮葉性の温帯性睡蓮がよいと思っています。

うまく育てば、綺麗な花を咲かせますし。

また抽水性のウォーターマッシュルームもよいかも知れません。

 

 

浮き草として

ホテイアオイも考えましたが、大きくドンドン増殖するので大変でした。

また、値も太くて長くなりますから、メダカが根に絡む事故が起きかねません(実際ありました)。

ですから、ミニホテイアオイ草がよいかなと考えています。

メダカの繁殖用にも適しています。

寒さに弱いことが欠点ですね。冬は室内での管理になります。

 

アマゾンフロッグビットやドワーフフロッグビットは熱帯性浮き草です。

アマゾンフロッグビットの方が葉が大きく、根も長くなります。

それに比べドワーフフロッグビットは同様の形をしていますが、ちょっと小さく(1~2㎝)て根も短いです。

しかし、増え方が尋常ではなく増えます。とくにドワーフフロッグビットのときは、管理にとても苦労しました。

なので今回は止めようと考えています。

 

沈水性のものとして

マツモアナカリスを選ぼうと思います。

メダカ水槽の定番ですね。

 

sponsord link


 

随分、構想が固まってきました。

まだ、実際に着手するまで時間があります。

こうして考えることも、結構楽しいものですね

sponsord link

2 Responses to “来春のメダカビオトープの完成構想を突き詰めてみました。”

  1. こんにちは! お疲れ様です。
    ビオの構想着々と進んでますね。
    玄関の稚魚さん元気かな!
    最近、デジ一眼のRAW現像を少し触って見ました。
    Digital Photo Professional 4(無料)で画像を調整。
    結構楽しいです。メダカ画像の修正にも使えそうです。

    • がんばさん、コメントありがとうございます。

      メダカのネタが尽きそうで大変です(笑)。
      屋外水槽もそこそこ元気ですし、玄関の稚魚たちは暴れん坊のような勢いです。
      見ていて楽しいですね。

      RAWに着手ですか。私も、DPP4を入れていますが、もっぱらPhotoShopです。
      メダカ写真は編集していませんが、ブログに掲載し、彩るのはありかも知れませんね。販売ページであれば困りますが・・・。

      メダカを軸に、いろいろ経験できるのは最高ですね。
      早く春にならないかなあ(冬を飛ばして:笑)。

がんば1223 にコメントする