屋外メダカ水槽の水温と気温の差があるので困ります。

三連休の中日の土曜日、秋も深まり冷え込みが強くなってきています。

1日目は雨模様でした。

今日はとても良い天気です。

しかし、天気が良い分気温が低いんです。

7:00で3℃の気温。多分明け方はもっと冷え込んでいると考えられます。

このときの水温が8℃と、気温より高いんです。

 

sponsord link

 

夜は発泡スチロールのフタを被せ、外気温の影響を受けないようにしているのですが、7:00に外しています。

ということは、この時間から外気温の影響を受けることになります。

フタを外して様子を見ると、メダカたちは底の方でジッとしています。

約5℃の差があります。急激な影響は受けないと思いますが、メダカたちにとって良くないだろうということは想像できます。

さて、どう対処すれば良いのでしょうか。

 

しばらく考えた末、もう少し時間が経ってからフタを開ければ良いだろうと考えました。

フタを開けたからといって、気温が急激に水温に影響はしないだろうということです。

気温と水温の状況を見ながら、8:00~9:00くらいにフタを開けてやろうと決めました。

しかし、メダカの1日のリズムを考えると、できるだけ早い時間の方が良いということですね。

 

10:00頃の気温と水温の差は2℃くらいです。

日射しが射さない状態ですから、陽が当たり始めると水温はもっと上昇します。

もう3~4℃は上昇するでしょう。日射しが当たってからの上昇は、日陰のときよりも急な上昇だと思います。

でも、水槽全体が上昇するのは緩やかだと思うので、このような上昇の仕方は良しとしましょう。

だってどうしようも無いですからね(笑)。

 

今後、降雪や積雪時の対応ですが、

日中の気温の上昇はほとんど望めません。

当然、水温も上昇しないでしょう。

明け方の一番寒い時間はもちろん、明るい時間になればフタを開ける様にします。

 

降雪や積雪の多い季節になれば、臨機に対応していこうと思います。

一日中フタを閉めておくわけにもいかないので、そう考えるしかなさそうです。

なにしろ屋外での冬越しは初めてですから、メダカへのストレスだけは避けるようにしたいですね。

 

sponsord link


 

メダカ水槽にかまう時間は少ないですが、メダカたちの様子はしっかりと見ていかなければと思っています。

ほとんどスネールの発生が無くなりましたが、小さなスネールの子どもが1~2匹壁に張り付いていることがあります。

できるだけ静かに排除しています。

しかしとても水か冷たく、長くは手を入れておれませんね。

良くこんな冷たい中でメダカは平気?ですね。

変温動物だからでしょうが・・・。

sponsord link

コメントを残す