メダカ水槽の水換え用水槽容器にに雨が入るんです。

今朝は暖かい気温18℃で、水温も15.5℃という最近に無いものでした。

小雨模様で薄暗い景色ですが、まだまだ気温は上がりそうです。

とりあえず陽も射したこともあり、写真を撮ったりしたのですが、夕方は雨でした。

強く降ったり弱く降ったりと、曖昧な降り方をしています。

風もやや強く、簡単に物が飛ばないように手当てをしておきました。

気温も少し下がってきたようです。

sponsord link

 

屋外にある軒下の屋外メダカ水槽は、雨の影響はほとんどありません。

ただ、水換え用の水を温度が変わらないように、一つは発泡スチロールに入れています。

他にはバケツ2つに準備しています。

今日のように雨が降ることによって、替え用の水が雨水の混入で、多少なりとも悪化するのであれば困ります。

 

そこで今日は、そうした替え用の容器に雨水が入らないように全てにフタを閉め、ちょっと風があるので重しを乗せました。

とりあえず、全て終了。

なんとか水換えは、気持ちよく行えそうです。

 

以前からそうした替え用の水は準備していたのですが、雨が降っては捨てていました。

当然水換えや足し水は出来ない状態でした。

なんとなく、気温も高く替え水はすぐ出来るだろうと思っていたんです。

しかし、気温が下がってくるとそ、うした配慮をしなくてはいけないことに気がつきました。

つい最近のことなんですけれど・・・。

 

雨水については、過去の掲載を見ていただくとわかると思うのですが、私自身もあまり気にしないでいました。

直接水槽に雨水が入ると、水温の変化による障害が出ます。

また、雨水の成分による水質悪化も考えられます。

そうしたことを安易に考えていたことを、前回のことから反省し、今回はそれなりに対応しているわけです。

 

今日は、雨脚が強く水質悪化が懸念されたわけですが、明日からは天候も回復するという天気予報です。

雨水を防いだ飼育水が、明日は活用できると思うととても嬉しいですね。

とくに、やや濁りの黄金黒鱗ヒカリメダカの水槽が、早くピカピカの透きとおった水槽になって欲しくて、ついつい力が入ります。

私が力を入れてもせいぜい水換えですが、頑張るのはきっとバクテリアですね。

 

sponsord link


 

まだ濁りが見られるんですが、なんとか本格的な寒さを向かえるまでに濁りを無くしたいと思っています。

あまり水換えを多くすると、大切なバクテリアが少なくなることを考えると、適度な回数で実施しないといけませんね。

毎日水換えをするにしても、少し少なめ(1/4くらい)に押さえてやるようにしています。

 

現在は黄金黒鱗ヒカリメダカの水槽はやや濁りはあるものの、全てのメダカは元気よく泳ぎ回っています。

このままでも問題が無ければ、冬越しはこのままで行けば良いのかも知れませんね。

sponsord link

コメントを残す