メダカ撮影をマクロレンズの手振れ補正無しで練習撮影。

朝方まで降っていた雨も上がり、陽の射す良い天気になりました。

前回撮影に挑戦して、環境が悪くなりだ断念していた手持ち撮影に挑戦しました。

以前はアートフォーカスでf値を10前後に開いた感じで撮影してみたんです。

しかし手振れ補正の無いマクロレンズでは、どうしてもピントが合わなかったりで、綺麗に撮影することができなかったんです。

今日はAF撮影では無く、Mモードのシャッター速度優先で練習しました。

sponsord link

 

*全ての写真はトリミングや補正無しです。投稿用にサイズは低くしてあります。
————————————————————————————

水槽に日が当たるまでちょっと時間があったので、庭先に咲いている花等を撮影してみました。

SS優先だけでは無くいろいろ試してみました。


内容的に不満足な写真が多いんですが、練習中ということで勘弁してください。

 

そうこうしているうちに、水槽周辺に陽が射し始めてきました。

MモードでSS(シャッタースピード)を早く(1000~2000)して、いざ挑戦です。

しかし、それほど水温が上がらなかったので、ほとんどのメダカは底の方から動きません。

黄金黒鱗ヒカリメダカは幼いので、ちょっと動きが良く、水面まで上がってきているので撮りやすかったんです。

楊貴妃・紅帝メダカや幹之メダカ鉄仮面は近づくと逃げてしまい、日当たりの写真を撮るのに、餌を少しやっておびき出しました。

オロチメダカは、あまり逃げるそぶりはしないんですが、水面になかなか来ないんです。これも餌やりでおびき出しです。

 

Mモードで撮ることを決めていたので、SSと絞りをいろいろ変えたりしながら撮影しました。

AFモードでは手振れがひどく、うまくピントも合わせられなかったのですが、今回は多少良くなったような気がしています(自画自賛かも)。

後は練習回数と、自分なりの環境に合わせたカメラの設定が必要ですね。





今回は写真ばかりの投稿になってしまいました。

 

私自身の写真練習の成果としての記録として、残したく投稿した次第です。

まだまだ未熟とわかっているんですが、なんとか綺麗なメダカの写真が撮れるように、これからも精進していきます。

 

sponsord link


 

来週には、落札した70-300mmの手振れ補正付き望遠レンズが届くと思います。

また違った気持ちで取り組めると思い、今から楽しみにしています。

メダカの世話が、少し手がかからなくなったことで、こうして写真撮影をしています。

メダカ飼育のタイミングとしては、結構楽しんでいられます。

ちょっと費用がかかっていますが、これからの投資と考えて・・・(なんの投資?孫の写真?)。

sponsord link

2 Responses to “メダカ撮影をマクロレンズの手振れ補正無しで練習撮影。”

  1. しんぺいさん、こんばんわ!
    写真撮影すごい上達ぶりで、アドバイスが良かった。
    そんなこと無いです、しんぺいさんの腕がいいからです(笑)
    特に花の写真素晴らしい、今後もいろんな写真投稿してください。
    お孫さんのかわいい顔の写真目に浮かびます(*^^)v

    • がんばさん、こんばんは。

      がんばさんに褒めていただきたくて、頑張ってきたようなものです。
      ありがとうございます。
      しかし、まだまだなと自分なりに感じています。

      SOM○○○さんやガンバさんのアドバイスがとても効いていますし、やる気のモチベーションも高まっています。

      そうですね。これからは、メダカも沈んだまま(浮かんでくれれば挑戦ですが)ですし、他の被写体で上達を目指すことになりそうですね。

      これからも、いろいろ教えてください。

しんぺい にコメントする