屋内メダカ飼育の照明を、自分で使ってみた感想。

少しずつ寒い日が訪れてきていますね。

11月に入ると、暖房が必要になってくるでしょう。

メダカにとっても厳しい季節になるわけです。

そうしたことから、メダカ飼育は屋内でと考える方も、結構いらっしゃるのではないでしょうか。

私は最初から、屋内飼育で始めました。

そのときに照明は、メダカや水草にとって大切なものだと思ったわけです。

屋内水槽でメダカを飼育するには必要なことはいろいろありますが、今回は照明器具について述べてみます。

sponsord link

 

照明はなぜ必要なのか、ということから話します。

屋内飼育であれば、鑑賞が大きな目的ではないでしょうか。

そうなれば暗い中で泳ぐメダカを見るより、水槽内を明るく照らしてやれば癒やされる景色がそこに広がります。

これが結構重要な要素ではないでしょうか。

タイマーと合わせて設置することにより、点灯時間や消灯時間を決めることが出来ます。

これがメダカにとって、1日の生活サイクルを作ってやることが出来ます。

設置しないままでもメダカは育つと思いますが、メダカ水槽に必要な水草が育ちません。

これでは水質悪化につながり、しいてはメダカにも悪影響を及ぼします。

逆に。点灯しっぱなしでもいけません。

メダカにとって休む時間がなくなり、疲労等のストレスを与えることになります。

照明器具とタイマーはセットにして設置してください。

点灯時間は、8~10時間がよいでしょう。

照明の種類によっては、水草も成長します。

ぜひ設置しましょう。

 

 

照明は出来るだけ明るいものにしましょう。

光の周波数によって、性質が変わります。とくに水草成長の場合は、気をつけて選んでください。

私は、とくに気にすることもなく明るさで選んでいました。

でも、水草はしっかり成長していたので、たまたまそういう波長だったのかも知れません。

水草を育てるには、よく説明を確認してからの購入がよいでしょう。

 

 

私が購入したものを、ここで紹介したいと思います。

アクロ TRIANGLE LED BRIGHT 300 1950lm

屋内飼育を始めたのが、30㎝キューブ水槽でしたのでこちらを最初に購入しました。

1950lmの結構明るい照明でした。

設置が楽なものが多いですね(天井からぶら下げることも出来るのですが)。

初めてのメダカ飼育で、わからないことばかりだったためか飼育の仕方がうまくいかず、メダカが☆になることが多かったので水槽を変えました。

この照明器具はその後、他の水槽で補助用に利用しました。

 

アクロ TRIANGLE LED BRIGHT 600 4200lm

60㎝水槽に変えたことによって、こちらを購入しました。

明るさはもちろん、水草も成長(30㎝も槽でした)し景観も抜群でした。

形状が三角形なのですが、設置していても違和感がありませんでした。

もちろんタイマーとセットで設置し、結構長く活用しました。

 

オークションで手に入れた照明

謳い文句が立派なうえ値段が安かったので、思わず購入しました。

先の照明器具と同じくLEDによる照明ということでしたが、明るく照らしてくれません。

「安物買いの銭失い」ってこういうことをいうんだろうなーと反省し、使用しなくなりました。

ネット購入が多い私ですが、久しぶりに最悪な商品をつかまされました(ショック!!)。

オークションでは、皆さんも気をつけてください。

 

テトラ LEDミニライト LED-MINI

これは小型水槽用の照明です。

前に述べたものも30㎝用ですが、こちらはそれより光が弱く暗いです。

取り付けは水槽の縁に挟むだけですから、どんな場所でも応用が利きますね。

以前の30㎝休部水槽に、エビを飼育していました。

そのときに使用していたのですが、徐々にエビが☆になったので水槽は片付けてしまいました。

 

コトブキ フラットLEDツイン 600

2550lmあります。

これは欲しかったのですが、60㎝のものはすでに購入していたこともあり、価格も当時は高いことも購入に踏み切れませんでした。

人気の高いモデルでしたが、今でも値段は下がっていませんね。

しかし、これから屋内水槽を始めようという方には、よいかも知れません。

 

sponsord link


 

これから冷え込みが強くなる季節は、メダカを屋内で飼育するのは安心です。

今回は照明だけでしたが、屋内での飼育に関してはもう少し必要なものがあります。

例えば、フィルターやヒーター等です。機会があれば紹介したいと思います。

 

たいしたレビューにはなっていませんが、屋内水槽飼育を考えている方の、参考になれば良いと思っています。

 

* がんばさんからコメントで、「テープLED」がおすすめですよという話がありました。

私の情報不足で、申し訳ありませんでした。

確かに、コスパや利用方法を見ると便利そうですね(コメントいただいたあと、ネット検索をしてみました)。

sponsord link

2 Responses to “屋内メダカ飼育の照明を、自分で使ってみた感想。”

  1. しんぺいさん、こんばんわ!
    照明:テープLEDがお薦め。
    LEDの数も明るさも色々あり、好きな長さにカットして使えます。
    防水タイプは、電源・コネクターセットで1500円位、非防水タイプは、880円位、経済的です。メダカ飼育で使ってる人多いです。

    • こんばんは。

      そういうのもあるんですね、知りませんでした。
      なるほど、LEDの発光部をテープに貼り付ければよいんですものね。
      頭のよい人がいるものです。
      結構安そうですから、良いですね。

コメントを残す