メダカの購入を10月半ばにしたけれど、冬に向かって大丈夫?

そろそろ10月も半ばです。

水槽移動を終えて、若干メダカに対する仕事量も減ってきました。

慌ただしかった、今年の猛暑におけるメダカへの対応を考えると、大きな違いがあります。

そうしたことから、今はちょっと暇といえば暇なんですよ。

 

 

そこで考えたのが、メダカの種類を増やしてみようということなんです。

冬に向かうので、メダカを買うのは来春と決めていたんですが・・・。

とうとう我慢できず購入しました。

 

 

現在、我が家にいるのは今年生まれのメダカばかり。

成魚にまだなっていない、幼魚といえばよいのか、そうしたメダカばかり。

この幼魚たちが、初めて迎える冬をどのように対応して越冬するのかが問題なんです。

そうしたことを考えたとき、今購入するのはいかがなものかと考えるわけです。

今いる幼魚たちを越冬させるのが大切なのに、新しい幼魚を迎えるなんて、無謀なのかなとも考えています。

 

 

自分の欲求を抑えられなくて購入したメダカ。

メダカにとっては迷惑な話ですよね。

何とか無事越冬させなくっちゃと、より強い気持ちになったのは確かです。

 

 

購入したメダカですが、「黄金黒鱗ヒカリ」という品種です。

家メダカさんからの購入です。

とても安く買わせていただきましたが、以前購入(9月5日)したオロチメダカが、☆になることも無く元気です。

元気なメダカを販売される「家メダカ」さんだからこそ、この時期の購入に至ったという感じです。

 

 

今日も雨で、気温がとても低いです。

でも、水温は17℃で、まだまだ大丈夫でしょう。

日ごとに気温差が大きいですし、また、朝と日中の温度差も大きいです。

しかし、水温に関してはゆっくり上下動するから、メダカにしてみればストレスがあまりないのかも知れませんね。

それでもときどき☆になるのは、こうした状況に耐えられなかったのかも知れません。

 

 

多くのメダカはそうした環境の変化に対して、それなりに適応能力があるのかも知れません。

中にはそうした環境の変化が大きなストレスとなり、☆になってしまうということが考えられます。

そうしたことを防ぐには、もう少し先の話になりますが、

葦簀やワラを表面にかけて保温してやるとかの対応が必要になってくるでしょう。

一つだけよかったことは、水槽を軒下に移動したことによって、雨でも水槽内の水温に、急激な変化が無いのが幸いです。

 

 

黄金黒鱗ヒカリは写真で見ただけのメダカで、実物は見たことがありません。

近くのショップで見るのは、メジャーなメダカたちです。

楊貴妃メダカ、幹之メダカ、白メダカ等々でそれらにラメがちょっと入ったりといった感じです。

ですから、ネット購入がメインになります。

ネット購入の場合は、購入して初めて、ショップの善し悪しがわかります。

飼育を上手にされているか、選別に関してはどうか等、購入してみてわかることですね。

 

 

自分では、この時期にメダカを購入するのは、あまりよくないと思っています。

飼育が難しい(寒い冬も迎えるし・・・)と感じているからです。

欲求を抑えられず、購入してしまったからには、手厚く飼育する覚悟が必要ですね。

全てのメダカが来春まで、生きていてくれることを願って飼育に専念するつもりです。

sponsord link

2 Responses to “メダカの購入を10月半ばにしたけれど、冬に向かって大丈夫?”

  1. こんばんは。
    メダカの画像を見て「家メダカさん」のだなと思いました。
    画像くらいの大きさなら問題なく越冬できるサイズだと思います。
    あまり神経質にならず、やれる事(底土を敷く・発泡に入れるなど)
    をやってあげれば、ある程度は残ります。
    そこで☆になるのは、それが寿命だからで仕方ありません。
    全滅させない様に(最悪1ペア残れば殖やせる可能性があるので)
    気楽に頑張りましょう。
    でも本当に「家メダカさん」はオススメですよね。
    一回、直に行ってみたいです。

    • 東京の鶏肉屋さん、こんばんは。
      コメントありがとうございます。
      サイズ的に越冬できるサイズと聞いて、まだ届いていないのですが嬉しく思いました。
      ☆になるのは覚悟をしているのですが、少しでも☆になるのが少なければと願っています。

      家メダカさんの評判は高いですね。
      最初の「オロチメダカ」からファンです。
      そういえば、東京の鶏肉屋さんからの紹介でしたね。その節はありがとうございました。
      私は雪国ですから、なかなか関東とかの遠出は億劫なんですよ、年齢的にも(行ってみたいなと思いますが)。

東京の鶏肉屋 にコメントする