屋外メダカ飼育の水槽置き場を変更します。

台風24号も過ぎ去り(被災地の方には、お見舞い申し上げます)、今日は秋晴れです。

しかし天気予報では25号が接近中で、晴れ間も数日かなと考えています。

その間に、日頃から行う予定にしていた、屋外の水槽を移動しようと軒下の片付けをしました。

汚れた場所ですが、積雪・落雪が防げる場所なので、ここにとりあえず決定です。

ただ近接する家のために、日光の当たる時間が少ないのが残念かなとか感じました。

メダカは短時間の日光浴でもいいので、ここで大丈夫でしょう(水草にはあまりよくないかも。でも夏場の直射日光も少ないのでいいですね)。

sponsord link

 

移動の際には大きめの発泡スチロールに換えたいと考えていたので、近くのDIYセンターで購入しました。

もっと大きなものもあったのですが、不釣り合いな大きさ(メダカ水槽には・・・)だったので、写真のものになりました。

以前からのものと同じ大きさの方が、見た目もよいでしょうね。

なぜ、大きな発泡スチロールに気を取られたかというと、深さが50㎝ほどあったのです。

深ければ深いほど、外の環境に対して影響を受けないだろうと思ったのです。

でも、前に買ったものとの見た目(大きさが違うと、整然とした感じにならないので)とか、深すぎることによるメンテナンスの大変さを考えたんです。

水替え、清掃、水草等々の作業が大変そうに感じたからです。

残念なのは、発泡スチロールの色が青いことです。

色揚げを考えると黒がいいのですが、大きな発泡スチロールには黒が無いんですよね(探し方が悪いのかも)。

メダカの保護色機能は、水槽の底の色に左右されるので、黒いソイルを敷けばよいので大丈夫ですが・・・。

チャームさんで買った、黒色の発泡スチロールも2つあるんですが、もちろんそれはそれで利用します。

 

今、水草を注文していて、近日中に届くきます。

冬に強い水草を購入したつもりですが、はたいてうまく屋外で越冬できるかが不安です。

ヒメスイレンを設置しているんですが、移動した水槽でも設置しようと考えています。

そのための台座にしようと思い、メダカの隠れ家にもなり水質もアップしてくれる水質浄化ブロックも購入しました。

メダカが冬になると、活性が落ちて動きが鈍くなると隠れ家に入ります。

これは便利かなと思い、使ってみようと考えた(一石3丁?)わけです。

以前から使っていたアマゾンフロッグビットですが、ご覧のように増えました。

我が家には多すぎです。今ある水槽にも入っていますから・・・。

水槽移動に合わせて、色のよいものを入れ替えればいいかなと思っています。

あとは廃棄にしますが、このまま冬を越させてみるのも、実態がわかってよいかも知れません(アマゾンフロッグビットには悪いんですが)。

 

sponsord link



今日は生体(メダカとエビ)の移動をする時間が無かったのですが・・・

生体の移動は、バケツや他の余った発泡スチロールに、同じ水槽水とともに別々に行おう考えています。

そのときに、いつも使うアミは結構柔らかいものなんですが、ショップで良いアイテムを見つけました。

水ごとネットというもので、半分は水槽水ごと生体が掬えるものです。

たくさんの生体を移動させるので、少しでも身体に傷を付けにくいものがよいかなと思った訳なんです。

以前にショップに行ったときは無かったんですが、これはこうした生体の移動には便利と思いました。

 

25号が来る前に、全て移動させなくっちゃ。

今日はここまでの作業でした。

sponsord link

コメントを残す