アクアリウムのお店の水槽はなぜピカピカなんでしょうか。

私がメダカ飼育をしようと考えたのが、ドジョウの飼育に失敗し、メダカの飼育にも失敗したからです。

何も知らず、綺麗さを追い求めて生体のことなどは眼中に無かったんです。

無知とは怖いですね。

ドジョウやメダカにはとても顔向けできないようなひどいこと(カルキも抜かず、水合わせなんて知る由もなく)を

そのため、当然全滅です。

初めてショップから購入したのは、値段的にも飼育しやすさも簡単なヒメダカと黒メダカ。

このメダカたちが、全て☆になったときのショックは忘れません。

このときから・・・「なぜっ」という疑問から、メダカ飼育に熱中していく訳なんですが。

sponsord link

 

 

アクアリウム(メダカ飼育)を始めたばかりの頃、近くにショップがあれば思って捜しました。

見学し、いろいろノウハが聞ければ幸いというつもりで、スマホに「近くのアクアリウムショップ」と入力したら、すぐ近くにあるではありませんか。

でも近くを探したんですが、一般の民家や事務所的なところばかり。

その事務所のような建物には、何となく水槽がありそうな感じがしたので、おそるおそる訪ねると

なんとショップでは無く、病院とかの施設に、熱帯魚を展示用にレンタルするお店だったんです。

ペットショップと勘違いして、入った自分がとても恥ずかしかったんですよ。

 

 

おおきな部屋ではなかったんですが、整然と水槽がセットされていました。

90~120㎝クラスの水槽が20個以上ありました。

全ての水槽水がピカピカなんです。

そこが1番の疑問でした。

お店の人も親切で、超初心者と見るやとても親切に話していただきました。

 

 

大事なのは、まずは水作りです。

淡水魚であれが1ヶ月、海水魚は3ヶ月の間、生体を入れずフィルター空回しし、エアレーションをいれておくそうです。

その期間が過ぎれば、パイロットフィッシュの投入だそうです(パイロットフィッシュも初めて知りました)。

それくらい水作りは時間がかかるということでした。

もちろん超初心者には、それ以上のことを話しても仕方がないし、私も何を質問してよいやら・・・で話は終わりました。

 

sponsord link



 

そのことがわかっていながらも、つい焦り気味に生体を投入したりした自分が情けなかったですね。

じっくりと生体のことを考えれば、じっくりと取り組むべきだったと、考えさせられた次第です。

しかしその期間、たかが1ヶ月と考えるんですが、早くメダカを入れたくてしょうがないんですよね。

我慢に我慢を重ねているけれど、ついついちょっと早くなったり・・・。

 

 

誰しも(私だけでは無いはず)が、綺麗なピカピカの水槽に憧れますよね。

よく言われるのが、大きめのろ過フィルターの設置、エアレーションや底砂と水草・・・等々の設置が

バクテリアの増殖を促し、自然サイクルができあがり、よりメダカに合った綺麗な水槽になるんだということです。

今度こそと思いつつ、力だけ空回りしている私です。

皆さん我慢が大切です。

sponsord link

コメントを残す