メダカの写真撮影に一眼レフを使用することにしました。

以前からスマホやデジカメで、いかに綺麗に撮影するかに挑戦していました。

いろいろ撮影用に準備をして、なおかつカメラの設定を正しくしなければ

うまく撮れないという、ちょっと辛い状況にあきらめました。

最後に野鳥撮影に使うフィルドスコープ(コーワTSN884)で撮してみましたが、

メダカの早い動きは野鳥の比ではなく、ボケボケでした。

PhotoShopで加工しましたが、元画像が悪いので駄目です。

sponsord link

 

どんな機材を使ってもうまくいかず、自分の技術では達成できないのかも知れません。

いろいろメダカサイトを見ていて、綺麗な写真が掲載されていますが、全て一眼レフではないと思います。

きっと工夫して、綺麗に撮影(もちろん技術も高いのでしょう)していらっしゃるんでしょうね。

 

 

一眼レフで撮影するにしても、メダカのような早い動きのものには、それなりの撮影方法があるようです。

初のデジイチ持ちには、これがまた至難の仕事です。

取扱説明書や書籍あるいはサイト情報等を駆使しても、古びた頭にはなかなか理解が大変なんです。

細かな説明を読むのも辛いんですが、それを理解するのも難しいんです。

と、

とにかくヘタクソだということを強調することにして、これからは一眼レフの写真になります。

 

 

一眼レフカメラは、CANON EDS 6D MARKⅡ のレンズ(24-105mm IS STM)セットと

タムロンのマクロレンズ(SP AF90mm F/2.8 Di)を使用しています。

もちろん撮影対象はメダカですが、一眼デビューをきっかけにいろいろ撮影したいと思っています。

気をつけたいのは、よく言われている「レンズ地獄」に陥ることですね。

レンズ地獄に陥りたくても先立つものが無いから、落ちようも無いんですがね。

とにかく手持ちのレンズを、充分に活用できるようにするのが先決なんですよね。

 

sponsord link



 

以前にも書いた横見用のケースに、楊貴妃メダカを入れて撮影してみました。

バックが黒いケースを使用したのですが、撮影者の手やカメラが反射して困りました。

そうした余分なものが入らないように、ちょっと横から撮影したりしました。

黒いバックの方が、楊貴妃メダカが綺麗に写ると思ったのですが、一工夫必要なところでしょうか。

例えば、ケースの上部から光を当てる(うまく写せるかは試していません)とか、撮影者が黒子のようになるとかね(笑)。

白いバックのケースだったら、そうしたことも起こらなかったかも知れません。

今度、撮影するときは試してみます。

 

 

とりあえず撮影したものを、加工もなしで掲載します(ファイルサイズは小さくしています)。

メダカ撮影の秘訣があれば、教えていただくと嬉しいですね。よろしくお願いします。

sponsord link

コメントを残す