メダカビオトープ ph値が気になるんです。

メダカの水槽のph値(ペーハー値)は中性(7.0)近辺がよいと言われています。

余裕を持って6.5~7.5程でしょうか。

屋外ビオトープでのメダカ飼育では、あまり計測することは無く、メダカの様子で判断している次第です。

ところが今回の長雨というか降りすぎの場合は、水質が変化しているのでは無いかと不安になります。

こうした変化にも強いといわれているメダカですが、先日から数匹が☆になっていると心配なんです。

sponsord link

 

 

以前、屋内飼育をしているときはphだけではなく、他の値も計ってかなり慎重でしたが、

屋外飼育に切り替えてからは、あまり厳密なことはしていません。

ビオトープはそうしたものだと思っているからなんですが、やはり臨機応変が大切ですね。

何しろ屋内水槽では、メダカたちがより快適に住んでもらおうと、いろいろ付帯設備を使用していましたか・・・。

そうしたことから、メダカ飼育は屋外の方が楽だと思います(私の場合、屋内では鑑賞が主目的でしたから)。

 

 

また、屋外飼育では水槽も多く置けるので、品種別に飼育できるのは繁殖を考えるとよいですね。

そこまで考えていない私ですが、品種別に分けていると親がわかるのでスッキリします。

 

 

ph値のことに話を戻します。

この長雨で、水槽のph値が低くなったような気がします。つまり酸性側に傾いているということです。

雨が降り込むことで、そうした変化になっているのかどうかははっきりしていないのですが

今日、計ると若干低いかなと感じました。

ただ計測しているのが、ph試験紙なので詳細には判断できないのですが・・・。

値段は高いですが、数値でわかる測定器もありますが、それなりに便利だなと思います。

値段の安いのは、すぐ壊れるという話を聞きました(近くのショップ店員さん)。

 

sponsord link


 

どの水草も濁りは全くなくなりました。

幹之メダカ鉄仮面の入っていた水槽は、以前はやや濁って底が見えにくくなっていました。

グリーンウォーター化が進んでいたものと思います。

濁りを取るために麦飯石やゼオライトを入れたり、水替えを頻繁に行ったりしました。

あまり頻繁に多くの飼育水を替えると、バクテリアも不足するのではと心配していました。

そこへこの長雨です。すっかり、綺麗な透きとおった水質に変貌しています。

この間に1匹が☆になりましたが・・・。他は元気に泳いでいます。

 

 

前にも書きましたが、全体的に低いph値なので、「がんばさん」から教えていただいたカキ殻を入れればどうかなと思っています。

カキ殻はph値を上げてくれるそうですから。何でも使いたい飼育初心者でした。

sponsord link

コメントを残す