メダカビオトープ、秋雨の影響なのか数匹が☆に・・・。

台風21号による強い雨と、その後の数日続いた雨、昨日は午前中は曇り空だったのに

夕方からドシャブリ!!

今日はやっと曇天で、ちょっと嬉しい気分(曇天でこれだもんね)。

被災地の方はこんなもんじゃ無く、想像を絶するんでしょうね。

それをニュースで見ながら、こうしたブログで愚痴をいっているのが申し訳ないです。

sponsord link

 

 

そうした気候のせいで、気温が低く、結構秋めいてきています。

日中はそこそこ暑いのですが、朝晩は肌寒いくらいで長袖が楽です。

水槽の水温ですが、雨天時はさすがに20℃を下回り、19℃ほどでしたし、今朝も22℃位でした、

 

 

この数日で、幹之メダカ鉄仮面、楊貴妃メダカ、

ミックス水槽からヒメダカ、黒メダカそれぞれ1匹ずつ合計4匹が☆になりました。

水温の変化と、雨水による水質変化が影響していると考えています。

なんとかこうした自然の変化に、メダカたちも耐えて欲しいと願っています。

しかし、☆になっているのは成魚(寿命で)では無く幼魚ですから、水槽に何らかの原因があることは間違いないでしょう。

 

 

雨対策として葦簀を掛けたり、溢れないようにしたりと、それなりに対策を取ったつもりですけれど。

こういうことをいったら、飼育飼育者の怠慢というか詭弁になってしまうんですが、

メダカによっては個体差があって、体力の弱いメダカもいるのではと思います。

そういいながら、稚魚からここまで育てたのはあなたでしょ!とお叱りを受けそうです。

 

 

ビオトープ内の水草は、雨にもかかわらず結構発育がよいですね。

とくにアマゾンフロートビットは増えに増えて、他のメダカの入っていない水槽に分けています。

この水草は、とても細い根が伸び多くなるとメダカが泳ぎにくそうです。

また、水質の悪化に伴い?根がややドロドロした緑色になります。

ときどき、生体のいない水槽に移し、スッキリしたアマゾンフーロートビットと入れ替えています。

 

 

幼魚および成魚に近いメダカの水槽は、3つあります。

幹之メダカ鉄仮面を、新水槽に移すことを以前に書き込みましたが、60センチ級の発泡スチーロールに移動させ

より広い水槽で飼育することにより、水質の悪化の影響が無いよう見守っていきたいと考えました。

まだまだ鉄仮面になるには、もう少し成長しないと駄目かなと思っていますが、よりよい環境で成長させたいわけです。

 

sponsord link


 

どのメダカも大切さに変わりは無いのですが、オロチメダカ楊貴妃・紅帝メダカ幹之メダカ鉄仮面

何とか親メダカとして成長してくれればと思っています。

もちろん、この冬を乗り越えるくらいの、丈夫なメダカであり春にはよい結果になることを祈っています。

sponsord link

コメントを残す