屋外メダカ飼育、長雨のとき飼育者は何をしている?

今日も雨・・・天気予報ではしばらくよい天気は望めない感じ。

被災地の方々から見ると、何を言ってるんだ!!と怒りを受けてしまいますが。

被災された皆さんに対し、お見舞い申し上げます。

sponsord link

 

こんな長雨の時、何をしたらよいのでしょう。

メダカ飼育するにしても、一日2回傘を差して、餌やりと状況観察くらい。

早く家に戻りたくなってしまいます。

たまに小雨のときは、数回様子を見に行きますが・・・。

 

 

強い雨足で、水槽からメダカが飛び出していないか、

風が強いと、カバーが飛んでいないかと心配になります。

あまり雨量が多いと、水質が変化するのでは無いかと心配にもなります。

水温が低くなるのも困りものです(今日は19.5℃)。

と、

デメリットばかりでは無く、水替えをしなくてもよかったから、少し楽。

それくらいかなぁ、よいことは。でも水質が変わったってことですよね。

ちょっと心配。

基本的には、手をかけなくても良いビオトープなんですけれど。

いずれにせよ、飼育したくてもできない現状が、飼育者のストレスになっています。

 

 

幹之メダカ鉄仮面の入っている水槽の、濁りが無く底までで綺麗に見えます。

元々綺麗な水槽になっている、オロチメダカの水槽です。

あまり変わりが無いようですが綺麗でしょ。

このまま天候がよくなっても、メダカたちが元気なら幸いです(水質変化に耐えて)。

 

 

もう1つやりたいことがあるんです。

私は天気がよくなれば、前回投稿した写真を撮るための容器で、メダカのアップ写真を撮りたいんです。

雨が止むのを見計らって撮ろうと思うのですが、やはり不安定な空模様では気持ちが入りません。

落ち着いて、晴れてから撮ろうと考えるのが普通ですね。

落札した横見用のケースが、明日には届くと思いますので、明日は晴れてくれないかなあ。

天気予報では、曇りのち晴れなんですが、

 

sponsord link


 

雨天(長雨)は自然の出来事ですから、これを操作することはできません。

ですから私たちは、この環境の中で何ができるのかを、考える必要が出てきます。

このブログを書いている最中ですが、雨足が再度強くなっているようです。

お願いだから、明日は回復してほしいですね(これって神頼み?)。

 

 

メダカを屋外飼育していて、何もできないなんて最悪です。

中にはハウスの中で、飼育(たいていはブリーダーさんか販売店さんでしょうか)されている方もいると思うのですが、

趣味のメダカ飼育では、そこまでのバイタリティーはありません。

というか、飼育するための敷地の広さの確保ができません。

趣味の範囲を超えることは、とても敷居が高いですね。

sponsord link

コメントを残す