メダカの撮影をスマホやコンデジで綺麗に撮りたい。

以前からメダカの綺麗な写真を撮りたいと願っています。

メダカの写真を撮るのはちょっと大変で、まずはジッとしていません。

一眼レフのカメラで、シャッタースピード等の設定をちゃんとすれば

綺麗に取れることは娘の一眼レフで実証済みなんですが・・・(使わせてくれない:涙)。

この年寄りに高価な一眼レフは手が出ない。

とういわけで、スマートフォンや安いコンパクトデジカメでの撮影になるわけです。

 

 

私のスマホやコンデジにも、とりあえず設定するところもあるのですが、なかなか難しいんです。

でも、機材はこれしか無いので、これで何とかしようと考えている訳なんです。

sponsord link

 

 

メダカが動き回って、撮影がしにくいのであれば、静かにさせて撮ろうではありませんか。

そこで、小さな容器にメダカを入れて、動きを制限してやろうということなんです。

ネットショップでは「ふぉっとっと」なる、写真撮影用の容器が販売されているのです。

しかし、値段が結構するので、ここは自作するに限ると勇んで作りました。

あまりの不出来さに、小さく紹介します。
 画像をクリックしても、大きくはなりません(笑)。

アクリルで作ったのですが、加工が大変でした。少しずつですが、水漏れもしています。

こんなことなら、最初からネット購入がよかったと反省しました。

 

 

「ふぉっとっと」は、仕上がりは結構良さそうなんですが、

なにぶん写真を撮るだけにこの値段は、個人的に払う気にはなりません。

そこでヤフオクで売られている、同じようとのものを購入しました。

作りは若干雑だと説明してありましたが、1台1,000円なら良しということで

背景が黒と白のものになりました。

これらは、横見用の写真を撮るものです。上見用のものも撮りたい場合がありますね。

 

 

上見用は100均で、写真のものを購入しました。

マットブラックのプラスチック製です。

家で捜したら、手頃なものがありました。

しかし、これは光沢があるので、写りが悪かったり、撮影者が入り込んだりするのかな?と考えたら、

100均の方に買いに行ったわけです。

オロチメダカを撮影するときは、普通の白い皿を使えばいいので、マットブラックだけを買いました。

 

sponsord link


 

今日は1日雨降りでした。

幹之メダカの鉄仮面を撮影て、光が口の方まで、伸びているかどうかを紹介したかったんです。

もちろん他のメダカ(オロチメダカ、楊貴妃・紅帝メダカ)の発育具合も見てほしくて・・・。

 

 

心と懐に余裕ができたら、一眼レフカメラを買いたいと思っています。

心の余裕は意外と簡単だと思うのですが、それを有効にするための懐が大変なんです。

 

 

うまくメダカの写真が撮れましたら、ブログに掲載したいと思いますので

よろしくお願いします。

sponsord link

コメントを残す