オロチメダカを購入。ネットでも買いたい心境です。

昨日の投稿で、近所のショップで購入するかネットにするか思案中だと書いていたんですが・・・。

もちろん店舗は価格が高く(お店の話では安い方ですよという話しでした)、ネットはズーと安いんです。

やはり、店舗に顔を出すと買わなきゃならない雰囲気になってしまいますね。

いろいろ話しをすると、素通りしにくいんです。

ネットのオロチメダカもMサイズで良さそうで、注文をかけていますが、果たして買えるかどうか・・・。

sponsord link

 

 

というわけで、ネットは注文しつつショップでの購入もしてしまいました。

値段的にと今まで☆にしたトラウマから、3匹と少ないですがネットで購入が成立すると充分な数になります。

と、このブログを書き込んでいる最中に、ネットでのオロチ購入がOKになりました。

価格も安いし、とても嬉しい連絡でした(ありがとうございます!!)。

 

 

今日はショップで購入したオロチメダカを、いわく付き(よく☆になる水槽なんです:涙)の水槽に投入しました。

ショップの店長いわく、今までの水合わせが悪いのでは・・・ということで今回は点滴方法で行いました。

今までは、水合わせに結構気を遣っていましたが、点滴法は初めてです。

聞いたことはあるのですが、実際に実行するのは初めてです。

これで、オロチメダカが元気に育ってくれれば嬉しいのですが。

 

 

点滴水合わせ方法をちょっと説明します。

エアレーション用のホースを利用します。

水槽の元水をタッパに入れて流出準備。

受けるのはオロチの入った、お店の飼育水。

これをエアレーションホースでつないで、口で吸い出しをして下方においたオロチメダカのタッパに流します。

飼育水とオロチのタッパの落差があると、点滴が早くなりすぎることがあります。

高さ調整が必要ですね。

また、点滴の落ちる早さは1秒に一滴くらいがベターかも。

時間はかかりますが、それなりにメダカに対するショックは少ないでしょう。

 

 

今日は2時頃から6時頃までかかりました。

もう周囲が暗くなり、懐中電灯が必要でした。

もう少し早く購入し、点滴水質合わせを行えば明るいうちに終わっていましたね。

初めての水合わせ方法だったので、エアレーションホースやそれを止めるためのキスゴムが無かったので、

購入しにペットショップに走ったのですが、それも時間的ロスになりました。

 

sponsord link


 

いつも水合わせは慎重なのですが、この点滴法は結構簡単で楽でしたし。

落ちる水量をホースの先端で合わせておけば、放っておいても安心です。

これからはこの方法ですね。

ショップのご主人に感謝です。

オロチメダカがほしいと過去ブログでも話していましたが、なんとかオロチメダカを買うことができました。

過去の☆にしたことを考えると、ちょっと勇気がいりました。

もちろん☆になったときの水質は改善していますし、今回の水合わせは、購入したショップのご主人から聞いた方法です。

近くのショップとネットで購入したオロチメダカ・・・。いずれも元気に育ってほしいと思っています。

もうしばらくで届くネット購入のオロチメダカはもちろん、新しく購入したメダカはこの方法で仲間入りさせたいと思いました。

 

 

といいながら、元の水槽の水質が悪いと、どんなメダカを投入しても駄目です。

いつもお話しすることなんですが、メダカの値段が違っても命の尊さは同じ・・・。

今回もちゃんと生き抜いて、冬越しをしてくれることを祈っている次第です。

sponsord link

コメントを残す