メダカ稚魚の飼育を1つの水槽にまとめようと思っています。

明日から9月

今日は雨がひどく、葦簀をかぶせ水槽内が溢れないようにしています。

雨がひどくなる前に、稚魚水槽の整備をしました。

sponsord link

 

 

そろそろ採卵は止めようと考えていたので、ちょっと大きくなった稚魚は第2稚魚水槽に移動させました。

しかし、第1水槽(針子を入れて育てている水槽)も第2水槽も、

グリーンウォーター水槽ですが、かなり緑が濃くなっていたので下を泳ぐメダカが全く見えません。

半分ほど水を捨てても底は見えません。見えるのは上で泳いでいる稚魚だけです。

これでは、ヤゴとかボウフラとかが住みついていてもわかりませんね。

微かに見えた、ちょっと大きくなったメダカを、第2稚魚水槽に移しました。

 

 

でも、第2水槽も同様の有様でした。

上の方を泳いでいるメダカしか見えません。

底の方に、何が潜んでいるかわからないっていうのも怖いですね。

上のグリーンウォーター水槽よりちょっとだけ薄いんですが、あまり変わりはありません。

こちらも約半分の水を捨てました。

それでも底はわからないので、網で底サライをしたんですが、異常がなかったと思われます。

 

 

両方の水槽は、少しずつ水替えを実施していたんですが、グリーンウォーター化が早かったのですね。

やはり夏場の日光は強いものがあります。

 

 

ビオトープ水槽には結構気を遣っていたのですが、こちらはグリーンウォーター任せでした。

とくに色が濃くても、臭いとかはしなかったので安心していました。

餌をやると、稚魚たちが涌いてくるように出現するので安心していました。

先にも書きましたが、ヤゴとか潜んでいたらと思うと怖いですね。

ある日、突然めだかが減っていたりして・・・(ゾッ)。

飼育者としての、管理不行き届きで失格ですね。

 

 

この後、水を追加して薄めるとともに飼育水として最適なグリーンウォーターにしようと考えたのですが

あいにく雨がひどくなり、そこまではできませんでした。

日頃から、水質をしっかり管理していれば、こんな雨の日に慌てることもないんですよね。

雨対策として葦簀で覆いました。

 

sponsord link


 

今、こうしてブログを書いていると、外は日差しが射して良い天気になってきました。

上の写真は雨が上がり、これから葦簀をはずす前に撮ったものです。

孫が写っていますが、他の水草の入っている水槽で針子を見つけ「いたいた」と叫んでいます。

もう採取は止めて、今いる稚魚たちを大きくしようと思ったのですが、

他の水槽で孵化したメダカを、見殺しにはできませんね。

もうしばらく、第1水槽に針子を入れる羽目になりそうです。

sponsord link

2 Responses to “メダカ稚魚の飼育を1つの水槽にまとめようと思っています。”

  1. しんぺいさん、こんにちわ!
    今日はこちらも朝早くから雷ゴロゴロの大雨がずっと続いてます。
    雨が降りこんでメダカの世話もできません。(´;ω;`)
    お孫さんのメダカを見る姿い可愛いですね。
    私も水草いっぱいバケツに知らぬ間に1cm程の稚魚を数匹発見、かわいそうなのでmix水槽に移しました、餌もないのによく生きてました。
    たまに雨も降ってもらいたいですが、大雨は嫌ですね。
    では、失礼します。

    • こんにちは、がんばさん。

      今日もスッキリしない天候なんですが、合間を見てグリーンウォーターに取り組んでいます。
      何とか、スッキリしたグリーンウォーター水槽になったので、次のブログに掲載するつもりです。

      孫は、可愛いんですが、生意気盛りで疲れます(笑)。

コメントを残す