屋外メダカ水槽の高温対策について

連日の猛暑に、外に出ることが辛い毎日。

メダカたちにとっても、過酷な日々が続いていることでしょう。

我が家は、発泡スチロールで屋外飼育です。

水質にこだわって、いろいろ工夫はしているのですが、

水質はもちろんですが、水槽内の高温対策するのも夏場の苦労ですね。

 

ここ最近ですが、前回も書いたのですがメダカが☆になってしまうんです。

前回は餌による油膜防止について書きましたが、今回はエアレーション等の、物理的な水槽周囲の環境も考えてみたいと思います。

sponsord link

 

エアレーションについては、飼育水が撹拌されるので、油膜が張りにくいことがあげられます。

しかし、上の上昇した水温が下の低いものと混ざり、

下の方の住みやすい場所がメダカたちに無くなってしまい、全体の水温が同一になってしまいます。

現在、エアレーションを設置しました。

果たしてどのような効果があるのか確認中といったところですね。

餌を油膜を作りにくいものに変えたので、エアレーションは不要かも知れませんが・・・。

 

水槽の形態にも不安なところがあります。

蓋を加工して、防虫ネットを貼り付けてあります。

他の生物の混入は防げるのですが、空気の流れが悪くなることです。

当然、水槽水の酸素量が、少なくなるかもという心配です。

そういう状況の状態でエアレーションの導入なっているのですが、油膜と水温の関係との悩みどころです。

DIYショップには、編み目のちょっと粗いものがあるのですが、それに変えればよいかもと思案中です。

苦労して。防虫ネットを張ったんですがね(涙)。

 

以前から行っているのは、葦簀やスダレをで日光を遮ることは述べましたが、それでも水温は上昇します。

がんばさんのコメントを引用させていただくと・・・

水槽容器:NV13ℓ、容器色:黒、葦簀:100均購入品
①:直射日光下→36℃
②:直射日光下+葦簀、容器に直に乗せ→34℃
③:直射日光下+葦簀、容器の表面上約1m→33℃
④:軒先日陰+葦簀、容器の表面上約1m→31℃
上記の通り、反射熱もあるので軒先で葦簀の高さ間隔を空けた方が一番高温対策効果あり。
この時の風速は、無風です。これはあくまでもベランダ飼育環境下です。

という具合に結構上昇状態(容器は小さいこともあるようですが)ですね。

 

その日の天候を見て、どのように対応するかを決めるのですが、

朝7時に餌をやり、それまでは直射日光が届いています。

食べ終わった状況を見て蓋をかぶせ、葦簀を斜めに掛け直射日光を防いでいます。

10時頃から14時頃まで日陰になるので、葦簀は外します。

その後、西日による直射日光が当たりますので、再度葦簀の登場です。

明るい内(17時頃)に、2回目の餌やりをしてその日は終了という1日の流れ。

 

sponsord link


 

全くこの問題の解決法にはなっていませんが、水温上昇や水質悪化への悩みは皆さんと同様かも?

いろいろ実践してよい方法がありましたら、すぐに掲載したいと思います。

 

1番の解決法は、日陰に設置することでしょう。

水槽の発育には好ましくないかも知れませんが、メダカにとってはいいと思います。

メダカに発育によいといわれる紫外線も、輻射によって少なくとも浴びられると思いますし。

 

我が家は雪国なので、落雪を考えると水槽の置く場所が限られます。

まあ、その都度移動すれば良いのですが・・・。

sponsord link

コメントを残す