メダカ稚魚水槽の水交換で気をつけたいことおよび交換用ホースの使い勝手。

幹之メダカの入っている水槽から、ホテイアオイ草を発泡スチーロールに取り出して

しばらくすると孵化をしてきたことを以前掲載しました。

孵化した針子を、見つけてはドンドン60㎝(室内で使っていて、今は余っている水槽)へ入れていました。

sponsord link

 

2~3日ほどで水を交換(1/3~1/4)するのですが、

何しろ60㎝の水槽ともなるとちょっと大変です。

普通のバケツ2杯ほどの量になりますから、ヒシャクで行うのもとても面倒です。

 

そこで、市販の水を交換するための「交換用ホース」でやるんです。

使ったのはこれ・・・貝○産○の クリーナーフィッシュポンプというものです(広告ではありません:笑)。

当然飼育用の水も濁りが入り、大きくなった稚魚は目視できますが、、針子状のものはどこにいるかわかりません。

前回の水替えのときに、気を配って排水していたんですが、やはり2~3匹針子状の稚魚が吸い込まれてきました。

もちろん、すぐに排水を捨ててしまわず、他の容器でそうした吸い込みもあることを考えてワンクッションおきました。

 

今回は以前より濁りが強く、針子や稚魚が多いので、そうした間違いを無くすために

吸水口に布を当てて行いました。

結果は上々。

吸い込まれそうになった、とても小さな稚魚も慌てて逃げていました。

途中に粗い網状の仕切りがついていますが、底砂等の吸い込みを防ぐためのものでしょう。

小さな稚魚は難なく通過します。

布をセットしておけば、これからは安心して水替え(とくに稚魚水槽)ができるでしょうね。

このポンプは、結構早く排水してくれるので重宝しています。

プカプカと手で吸い込むようにすればすぐ排水してくれます。

 

水の交換用や排水用のものはいくつか持っています。

どれがよいのかわからず、購入してしまったものです。

よく似たものがありますが、どれがよいのかは使う人や使い方によって決めればよいと思います。

 

sponsord link


 

今回交換した稚魚用の水槽には、底砂を入れてありません。

ですから、稚魚さえ吸い込まなければ、どれでもいいわけです。

 

 

ただ、排水用の電気式のものは交換には向いていませんね。強すぎます。

水槽のリセット用には最適かも知れません。早い排水をしてくれますから。

 

ソイル等の底砂があるときは、先に述べたものや次のものもよいと思います。

ポンプ式のものなので、

うまくポンプ機能が働かず給水できないとき(連結部分が多いので空気が漏れていたのかも)もありました。

底砂は途中で遮られます。おおむね不満は無かったですね。

 

次のものは、少量の交換であればよいのかも知れません(大きい水槽では、時間がかかり待ってられない:短気だね)が

底砂に近づくと吸い込んでしまい目詰まりを起こす欠点が次のものにはありました。

 

当然、用途や使用者の好みもあるわけで

私が使ってきたものを簡単に述べてみました。

参考になれば幸いです。

sponsord link

コメントを残す