エビ水槽でハプニング。水草に要注意?

メダカを屋外飼育にしたことで、室内鑑賞はシュリンプになっています。

レッドチェリーシュリンプ、イエローチェーリーシュリンプ、レッドビーシュリンプそしてブラックビーシュリンプ

を混泳させています。

そこに水草(アナカリス)を入れたのですが、しばらくは平穏なシュリンプたちの生活を楽しんでいました。

sponsord link

 

ところが、原因はわからないのですが、イエローチェリーシュリンプがいないんです。

毎日、食い入るようには見ていませんが、確か2~3日前まではちゃんといたはず・・・。

探せどもどこにもいません。

その頃はアナカリスもよく育ち、水槽内を覆うようになっていました。

このアナカリスの間にでもいるのかなと、イエローシュリンプを探すつもりでアナカリスをピンセットで動かしました。

 

そのとき、水草の中からサササーと滑るように壁にくっついてきたのが写真の生物

ペットショップの詳しい店員さんに聞いても、見たことがないということでした。

 

とりあえず、アナカリスを取り出し、よーく洗ってから少し量を減らして入れると、ずいぶん水槽内がスッキリしました。

その後、平穏な日々が水槽内に訪れていました。

もう大丈夫かもと思い、イエローチェリーシュリンプを3匹ですが、投入しました。

元気のいいシュリンプです。

 

ところが間引いたアナカリスの茎に、例の得体の知れない生物がくっついているじゃないですか。

ガーンですよね

即、捕まえようとしたんですが、私の方が焦っていたのか逃げられてしまいました。

しかし、フィルターの吸い込み口にくっついているじゃぁないですか。

今度こそと家内にも手伝わせ、捕獲網とピンセットで捕まえました。

 

といったこともあり、水草だけではなく、

他から自分の水槽内に入れるときは、十分気をつける必要があることを実感しました。

sponsord link



 

水草を自分の水槽に入れるときに、どんなことに注意すればよいのか・・・

当然購入したものを、そのまま入れるのは厳禁です。

何がついているかわかりませんからね。

ときどき聞くのが、水道水で洗ってカルキが抜けてから投入する。

これも不十分ですね。

だって、見逃した卵とかがついていると、それが孵化するまで数日はかかるわけです。

ですから、入れたい水草は別容器で1週間から10日ほどの間、安全性の様子を見て投入するのがいいんです。

こんなに待てないよっていう気持ちはよくわかります。

しかし、私は今回のことで身をもって体験しました。

イエローチェリーシュリンプはいなくなったのは、この生物のせいではないかも知れません。

でも、こんな生物が水草等についてくる可能性は否定できません。

 

水草や他のものを水槽内に投入することや、水槽立ち上げ等々

計画的に実施しないと、後々困ることが出てくるのかもという気持ちにさせられた事件です。

 

*この生物をご存じの方がいらっしゃったら、教えてください

よろしくお願いします。

sponsord link

コメントを残す