メダカ屋外飼育。雨の日の対応方法。

梅雨とはいえ暑く晴れた日が続いていた昨今。

降っても朝方にはあがって、植物の水やりは楽で好都合でした。

 

今日は、久しぶりにまとまった雨が昨日から降り続き、こんな場合ビオトープ・・・すなわち屋外の飼育の際に

どのような対策を講じればよいのかを考えてみました。

sponsord link
雨には、若干の不純物が含まれている可能性があります。

大気の成分が溶け込んでいるとともに、埃も含んでいます。

酸性雨が話題になったときは、硫黄が溶け込んだ硫黄酸化物が溶け込んでいたんです。

現在はそうしたこともないようですね。

黄砂やPM2.5という細かい粒子状物質もありますね。

 

私の屋外メダカ飼育では、あまり雨による水質変化を気にしていません(天気予報には注意しています。

硫黄酸化物による大気汚染は、ほとんど聞かなくなりましたし

黄砂の話題も少なくなりました。

今はPM2.5の注意が必要かも知れませんね。

実際、雨水が混入しても、メダカは元気に泳いでいます。

 

降水量が増えると、水槽内の水が溢れてメダカやエビが水槽の外に飛び出すかも?

雨の中を、雨水が入り溢れている水槽を、観察していて思うのですが

水面近くで泳いでいるメダカもいますが、下の方に潜るような感じで泳いでいます。

メダカの習性として、水槽から溢れる水の流れに逆らって泳ぐところがあります。

ですから、多少の溢れ出る水量では問題ないと思いますが

大量の溢れる水勢ならメダカも負けるかも知れませんから、スダレを掛ける等対応した方がよいでしょう。

 

溢れる水槽の水を掻き出すことも大切。

水槽から水が溢れていると、上記のような事態が起こる可能性は否定できません。

布の毛細管現象を利用して、排水する方法もあります。

しかし雨が強いと間に合わない状態になってしまいます。

もちろん餌やりのときは、雨水で溢れていれば流れ出ていくことになるので、排水が必要になってくるでしょう。

雨の中の作業は大変ですが、「ヒシャク」を使って水(溢れている状態を無くす)を汲み取って

必要な量の餌をあげましょう。

sponsord link


 

雨水は入ることで困ることが多いのですが、水替えの必要が無くなるのはよいかも知れません。

これも雨水の量によって違ってきますが・・・。

多くの雨水が入ることにより、バクテリアも流れるような気がしています。

そうなると、自然環境でのビオトープとして困る状況になるかも知れません。

雨も自然現象ですが(笑)。

 

自然体系でのメダカ飼育ですが

飼育することの手を緩めるというのは、体力的なことであって

しっかり管理するということは、絶対必要なことです。

sponsord link

コメントを残す