メダカの採卵から孵化までの便利な方法

超初心者だった管理人が、約10ヶ月のメダカ飼育を経験して

今は初心者級になった位だろうと感じています(笑)。

 

昨年飼育を始めて、メダカたちが抱卵し水草に生み付けたのを見つけて、それを採卵していました。

鑑賞がしたくて始めたメダカ飼育ですから、いろいろな種類のメダカを混泳させ楽しんでいました。

ですから、生まれてきた稚魚はどういった種類なのかもわからず、とにかく育てていました。

 

やはり、ちゃんと種類別に飼育できると何かと便利?だろうと考え(ブリーダーになろうという気は全くなく)

何となくなんですが、種類別に飼育した方がよいかなと考えたわけです。

たまたま、ちょっと値段の高い幹之光やオロチを購入したからかも知れません。

メダカの命に値段は関係ないのですが。

sponsord link

 

それで今春から、屋外飼育に切り替えたことを機に

よりよい採卵(何しろ屋外で卵を見つけにくい)方法が無いものかと思案していました。

 

とりあえず屋外の発泡スチロールには、3種類のメダカに訳で飼育しています。

水草にホテイアオイ草を入れ、少しでも直射日光から身を守れればと考えたんです。

ほんの数週間の間に、ホテイ草がドンドン増えて、水面を埋め尽くす(大袈裟)ような勢いでした。

そこで余った発泡スチロールにホテイ草を半分移し、水面を広くとってやろうと思ったんです。

 

ホントに偶然なんですが、取り除いたホテイ草を入れた、発泡スチロールの中をを覗くと

小さな針子状の孵化したばかりのメダカが泳いでいたんです。

 

えっ。おっ。

これはこれは

4~5日そのホテイ草から孵化が終わるのを待って、水槽内のホテイ草と入れ替えをしました。

再び同じ現象で、孵化した針子状のメダカをヒシャクでソッとすくい、どんどん別の水槽へ移していきます。

この水槽(私の場合は、屋内で使っていて余った60㎝ガラス:大きめの発泡スチーロールでもいいです)で、稚魚になるまで飼育します。

ですから、こちらは大きめの発泡スチロールにして、餌を十分に与える等の管理をしっかりしてやります。

かつ、水質の管理(水替え等)も1/4ほどを2日に1回くらいの割で行っています。

 

1ヶ月ほど前に購入したオロチメダカは、まだ産卵できるほどではないのですが

同じように採卵できればと思っています。

sponsord link


 

ただ、水槽内に残したホテイ草にも、卵が産み付けられていると思います。

数日で入れ替えるのですが、その間は親メダカに卵や針子が食べられてしまう可能性があります。

針子になったメダカが、ホテイ草を隠れ蓑にして生き延びてくれれば嬉しいと思います。

 

先日ホテイ草を動かしていたら、針子よりもっと大きくなった体長1㎝に満たないほどの稚魚が

親メダカと一緒に泳いでいたのにはビックリしました。

うまく生き延びていてくれたのには感動しました。

 

これくらいのことはしているよ!とか、もっと便利な方法があるよという場合は

この投稿はごめんなさいですし、逆に初心者に教えていただければ嬉しいですね。

sponsord link

4 Responses to “メダカの採卵から孵化までの便利な方法”

  1. こんばんわ! はじめまして。
    長崎からの投稿です。
    そうですね、ホテイ草だと根の毛も飛び散りますし、容器の水がコケ等で汚れて卵がカビる率がたかくなります。
    冬はホテイ草は枯れますので、毎年購入しなくてはならないので一般的にベテランの方は、大半が卵トリーナー使用してますよ。
    百円ショップの3ℓぐらいの容器に水道水を入れ、メチレンブルーを2滴ほどたらしかき混ぜ、卵が付いた卵トリーナーをドボンします。
    水は2日に1回程度全部水交換します。
    これが私のやりかたです、参考にしてください。
    では又、コメします。

    • おはようございます。
      ご訪問いただき加えてコメントにてのアドバイス・・・本当にありがとうございます。
      卵トリーナーを使っての採取は、昨年屋内で使ったことがあります。
      なかなかそこに卵を生み付けないので使用しなくなったんですが、屋外の場合はとても便利そうですね。
      私の場合、ホテイ草の増殖が激しかったものですから、こうした方法もありかなと思い掲載したのですが、アドバイスしていただいた方法がより効率的だと感じました。
      ホテイ草はどんなに今は増えても、来年に再度購入ということは不都合ですね。
      また、大きく根を張っていますが、卵がカビることがあるのは水質悪化にもつながるし、何よりも残念です。
      早速いくつか購入したいと思います。
      ホテイ草は、日除けになるとことでの投入なんですが、卵トリーナーはどうなんでしょうか。
      もちろん夏の飼育管理は他にもスダレ等による日よけ等を考えていますが・・・。

      長文になってしまいました。
      本当にためになるアドバイスありがとうございます。これからも訪れていただき、先輩かたがたのご意見を参考にしたいと思います。
      お待ちしております。

      • しんぺいさん、こんにちわ。
        早々のご返信有難うございます。
        >なかなかそこに卵を生み付けないので使用しなくなったんですが
        出来れば容器は小さなサイズがいいですよ! 私は採卵容器は、NV13(容量13ℓ)を使用してます。と言うかベランダ飼育ですので大きいサイズが置けませんし、それとカゴに入れた赤玉土と牡蠣殻1枚と卵トリーナー以外余分なものは入れません。
        卵トリーナーの色にもこだわりがあり、フロート部は紫、スポンジ部は緑です。なぜかというと、メダカも色の好みがあるみたいです。
        1番:黄緑、2番:紫、三番:緑の順が好みの色だそうで!
        水槽内にコケがあると産み付けるので出来るだけ取るように心掛けています。
        底に落とした卵も水替えの時全て回収してます。
        長文になりますので、また次回コメします。
        これから暑くなるので熱中症にお気おつけて下さい。

        • こんにちは。
          >早々のご返信有難うございます。
          いいえ、こちらこそありがたいです。
          あまり、飼育環境は広い方がよいだろうと思って60㎝水槽(50㍑くらい)だったんです。
          今は、30㍑くらいと40㍑で屋外飼育しています。
          大きいほど水質の悪化が少ないだろうと思ってです(入っているメダカは10匹前後です)。
          でも、卵トリーナーは使おうと考えています。
          色も参考にさせていただきますね。
          >これから暑くなるので熱中症にお気おつけて下さい。
          ありがとうございます。
          長崎も雨の被害が大きかったと思います。お見舞い申し上げます。

コメントを残す