メダカ飼育初心者の水槽選び

メダカを飼育する際に考えられるのは、屋内飼育にするのか、あるいは屋外飼育にするのかということをきちんと決めてから。

あなたが室内飼育をしようと考えているなら、次からを参考にしてください。

 

初心者は可愛いメダカを、近くで鑑賞したいといった気持ちが強い場合がありますので

そこで私の経験から、今回は屋内水槽の設置の方法を述べたいと思います。

大きさ、材質、設置場所等々について考察してみます。

 

よく言われるのは1リットルに1匹。

ですから、10匹ほどを飼育するには小さい水槽でもOKですね。

 

でも水槽の水質環境から考えると

大きければ大きいほど水質の悪化が防げるということです。

でも、そんなことが簡単に出来ないのが一般的な現状でしょうね。

 

条件的に

室内の場合は設置場所が限定されるでしょうから、大きさを考えないといけないでしょう。

水替えし易いことを考えると、やや広めの空間が必要ですね。

(私の場合は、食卓テーブルに60㎝水槽を設置していたので、狭いし家族に迷惑をかけ不評でした。)

近くに電源があることも必要です。いろいろな付属品のために。(逆に私の場合はベターな環境でした。)

 

そうしたことをふまえると

メダカの匹数を考えた大きさ。(さすがに食卓テーブルに60㎝はないですよね。でもメダカにとってはいい環境です。)

水槽の中身はもちろん水ですから、水替えとか水槽掃除とか、付属品(フィルターやライト等)の整備に

水を扱っても問題のないところに設置したいですね。

sponsord link

 

 

メダカの場合は、強い水流があると泳ぎ疲れて☆になる可能性が高いので

小さい水槽に、強いフィルターはよくないです。

そうしたことを考えると、45㎝くらいの大きさならばフィルターの設置も困難じゃないと思います。

水槽の中には、底砂、水草、ブクブク等を設置して、鑑賞できる水景を作り上げたいと思う方が多いと思いますから

最低でも45㎝以上が、メダカ飼育初心者にとって飼育しやすいと思います。(場所によって可能であれば60㎝以上がよいと思いますが・・・。)

というのも、初めは30㎝水槽でしたが飼育しにくく(フィルターとかが設置しづらい)、次に購入したのは60㎝だったんです。

 

そうそう、水槽の材質も考える必要があるかも・・・

私は、家族の批判を受けながら60㎝でガラスの水槽を設置していました。

のびのびと泳ぐメダカを観て、とても満足していたんですが

この水槽が割れると、バケツ10杯以上の水が部屋にあふれるということや、

ガラスによる怪我のことが、いつも頭をよぎります。

小さな子どもがいるので、いつどんなことが起こるかわからないのですごく不安でした。

安全性に対する不安です。

 

そうしたことを考え、アクリル水槽に変更しました。

大きさを変えなかったので、相変わらず家族には不評でした(笑)。

しかしアクリル水槽の場合は、一気に水漏れしないし強度的に不安は少ないということで安心感は大きかったです。

アクリル水槽で冬期間飼育しました。

 

値段を考えると、アクリルはガラスの2~3倍の価格で、初心者には荷が重いかもしれません。

私は、中古のアクリル水槽を購入して使いました。

業者さんが使うような、より大きな水槽になるとガラス水槽の方が価格は高いんですが、

個人で楽しむにはそんな大きなのは必要がありませんからね。

安心感を考えるとアクリル水槽に軍配が上がりますが、メダカ飼育に大きなお金をかけないとなれば

ガラス水槽で、45㎝クラスがベターかも知れません。

 

sponsord link



飼育していくうちに、水槽を変えたくなったり

私のように、春になったので全てのメダカを屋外水槽にしてしまいました。

水槽が余りますが、外の余り人が通らないところに60㎝ガラス水槽を置いて

産卵した卵や、針子くらいのメダカをそこに入れています。

じゃんじゃん入れても、大きいので安心です。

 

メダカにとって、水槽は材質ではなく大きさです。

45㎝に10数匹だったら理想的ですね。

 

*45とか60㎝は横のサイズです。

 

sponsord link

コメントを残す