メダカ屋外飼育の夏対策に絶対欠かせない1つのこと。

春先から全てもメダカを屋外に移動し、発泡スチロールを利用して飼育しています。

梅雨もカラ梅雨なのか、晴れた日すなわち気温の高い日が続いていますね。

このように気温の高い日や直射日光の当たる日の、メダカの住んでる環境はどうなんでしょうか。

 

私の地方は冬は雪が降るので、一番の心配は落雪です。

屋根からドドッと落ちると水槽は木っ端みじんですから、設置場所に気を遣います。

今は冬のことは考えていないのですが、そのあたりまで考えて設置しないと再度苦労します。

今考えているところは、屋根に雪止めがあり落雪がないと思われる、ということと

夏になると、日光が昼前から当たらなくなるという場所です。

これは最高でしょう。

sponsord link

 

しかし、こんなに気温の上がる日が続くと思わず、一日中陽の当たる環境に水槽を設置してしまいました。

陽の照る日はとにかく温度と格闘なんです。

メダカは水温に結構順応してくれるということなんですが、やはり30度を超えると心配です。

午前中の直射日光では、やや25℃越えなんですが午後からの温度は30度近くまでいってしまいます。

メダカやエビたちは25度前後がベターだといいますし、若干適応能力はメダカの方が高いようです。

ヌマエビもいるのですが、チェリー系よりはちょっとマシってところでしょうか。

 

そこで緊急の対策として、スダレを掛けて直射日光を避けるようにしています。

でも気温が30度をはるかに超える日は、とても心配になってきます。

とにかく午後から陽の当たらないところに、水槽そのものを移そうと考えています。

 

簡単に考え、気温が高すぎるようならすぐ移動すればいいやって考えたんですが

そんなに大きくない発泡スチロールでも、水で満たせばとてもじゃないけれど一人で移動はは無理です。

 

我が家にはちょうどいい場所があったんですが、メダカを屋外で飼育しようと考えたときに

そこには花鉢がたくさん置いてあり、時間のあるときに整理しようと考え、今に至ります。

 

もちろん早急に移動したいという思いは強いのですが、花鉢を片付けてから・・・と考えるとついつい動きが鈍るんです。

でもこれからの季節を考えると、絶対にメダカやエビの環境は最悪になっていく方向しか考えられないので、花鉢を整理しました。

整理しただけですから、ここからが大変です。

水の入った発泡スチロールはとても重く、1人では無理なので家内に手伝ってもらうことにしました。

 

sponsord link



 

普段、家内に協力していないのに、この時ばかりの協力のお願いは、とても虫のいい感じがします。

ですから皆さん、どこに水槽を設置しようが、よくよく考え二度手間にならないようにすることが大事ですね。

私はやむなく頭を下げて、お願いするしかないんですが、仲のよい夫婦なら問題なしですよ。

 

メダカ飼育をしてから、家族の視線は微妙に強くなった気がします(笑)。

そこは上手に家族の機嫌をとり、メダカ飼育に理解してもらうようにすべきかも。

 

午後から陽の当たらない場所に、全ての発泡スチロールを移動しました。

台車を準備し、家内に頭を下げ(笑)、何とか完了しました。

暑い日が続くので、とても気にかかっていました。

きっとメダカやエビたちも喜んでいることでしょう。

もちろん私も。

sponsord link

コメントを残す