室内エビ水槽でエビが死んでしまった原因は思わぬところに。

室内にはメダカがいなくなり、エビのチェリー系のシュリンプだけを観賞用にしています。

これは以前にも掲載したんですが、元気に泳ぎ回ったり底砂のところで手足スリスリ(正常な動き)していたんです。

 

ところが私の知識の無さから、大変な失敗をしてしまったんです。

多くのシュリンプが、朝見ると☆になっているじゃないですか!!

どっ、どうして!?

 

よーく考えたのですが、思い当たる節は無し・・・

sponsord link

 

ハッと頭をよぎったのは

そういえば昨日の夜、パソコンに向かっているときに足を蚊に刺されたんです。

蚊の出没する嫌な季節になりました(涙)。

初めは一カ所でしたが、そのうち2~3カ所。

我慢ができなくなり、机の下の暗がりに向け、フマキラー状の殺虫剤のスプレーを何度かシュッと吹きかけました。

水槽に入らないようにと考え、他にもシュッ。

 

どうもこれが原因のようです。

だって、他に考えても変わったことはしていないんですから・・・。

 

疑心暗鬼で近くのショップへ行き、事情説明をしました。

ああ、それって駄目なんですよ。

空気中の殺虫剤が水中の取り込まれるんだって。

 

やってしまった!!

後悔しても戻りませんね、状況は。

 

そこで、水質を少しずつ変える作戦に・・・。

毎日、1/4位を交換しながら様子を見ていました。

しかし、エビの元気の無さはよくわかります。

泳いでいるエビが少ないですし、水槽や底砂でジッとしている姿が多いんです。

 

そこで再びショップへ。

対応は飼育に詳しい店員さん(以前も詳しかったのですが)。

より詳細な説明をもらいました。

殺虫剤はもってのほか。女性(男性もかな)の化粧をする際のスプレーもアウトだそうです。

 

対応策として・・・

1番は水槽のリセット。これははっきり言って面倒くさいですね。余りしたくない(笑)。

2番目は、頻繁な水替えの実施。これをしているのですが、一向に元気にならないんです。

3番目は、たまたま屋外でヌマエビを飼育しています。この水を種水にして水槽を半リセットを行う。

水槽には水草(アナカリス)が生い茂っています。この水草がが餌になり、とくに餌は必要がないそうです。

後はバクテリアですねと言うことでした。

そのバクテリアも、殺虫剤で死んだかも知れないということでしたので、リセットは大変だけれども

 

sponsord link



 

そこで私は

3番の他の水を入れてバクテリアを増やす方を選択しました。

もちろん、エビ水槽の2/3程の水替えをし、フィルターに差駐在が残っていては駄目だと思い、これも交換しました。

 

大きな水槽ならば、急激な変化は起こらず、エビたちも何とか持ちこたえてくれていたかも知れませんが

30㎝水槽では状況が顕著でしたね。

 

こうしたことがないよう気をつけたいと。つくづく思い知った日でした。

sponsord link

コメントを残す