メダカ水槽の苔や藻を食べるエビ4種。

水槽でメダカ飼育しているときに、困るのが苔や藻の繁殖です。

とっても景観が悪くなると同時に、水質が悪い証拠なんですね。

どうしたら、藻や苔の繁殖を防ぐことができるのでしょうか。

 

苔や藻の繁殖する原因は何でしょうか。

一言で言えば水質が悪化しているからです。

悪化の原因は・・・

・餌のやり過ぎ

・フィルターの循環濾過不足

かも知れません。

 

飼育に関して、初心者の場合はついつい餌をやり過ぎることってありますよね。

だって、餌不足で辛い思いをさせたくないという飼育者の親心から。

これが水質悪化の、一番の原因かも。

ヒーターで温度を調整している場合は、1年中餌は食べるし、もちろん産卵もします。

だから水質悪化には、十分気をつけないといけませんね。

sponsord link

そこで登場するのがエビです。

大きさ順で、ヤマトヌマエビ、ミゾレヌマエビ、ミナミヌマエビ、チェリーシュリンプ(レッド・イエロー)等がいます。

この大きさ順に、藻や苔を始末する能力が高いんです。
 ヤマトヌマエビです。すみません。購入していないので無断で写真を借用させて頂きました。
大きさが5センチくらいになるので、目の前の水槽で泳いでいるのは鑑賞に堪えられないかも・・・。

 ミゾレヌマエビです。背中がくの字の形に曲がっているのが特徴ですね。
ヤマトより少し小さいので、何とか鑑賞できる大きさでしょうね。

 ミナミヌマエビです。小ぶりで水槽に入れていても違和感はあまりないですね。繁殖は凄いかも・・・。

 レッドとイエローチェリーシュリンプです。
小さく、色も鮮やかなので鑑賞には適しています。苔や藻の掃除力は弱いですね。

 

ヤマトヌマエビは、能力は高いですが観賞用水槽には向かないと個人的には思います。

(あくまで個人的にですよ。)

そこでお勧めは、ミゾレヌマエビです。

ミナミヌマエビでも良いのですが、鑑賞にも堪えられて苔や藻をしっかり食べてくれるのは

ミゾレヌマエビが一番でしょう。

レッドやイエローのチェリーシュリンプは、観賞用と考えた方が良いかも知れません。

 

ところで、ヤマトヌマエビとミゾレヌマエビは一般飼育では繁殖しません。

繁殖する場所は汽水といわれる海水と淡水の交わるところです。

ですから、一般的に繁殖させるのは至難ですね。

しかし、ヤマトヌマエビの寿命は5~6年以上らしく(ネット調べです。)、十分飼育する価値はありますね。

ミゾレヌマエビは、ちょっと短く3年ほどのようです。

 

sponsord link



 

屋外でメダカやエビを飼育する場合は

メダカは変温ですから、結構寒暖に強いです。

ヌマエビ系は、メダカほどではないようですがやはり強いですね。

チェリー系は弱いので、室内観賞用でしょうか(私はそうしています)。

 

メダカは屋外に全て移動しました。

それに合わせ、ミゾレとミナミヌマエビは一緒に混泳させ、

発泡スチロール内の藻や苔の繁殖を防ごうと考えています。

ヌマエビ(ミゾレ、ミナミ)もいるんですが写っていませんね。

立ち上げたばかりの屋外水槽ですが、やはり藻や苔の繁殖は嫌ですから・・・。

sponsord link

コメントを残す