メダカの屋外飼育。餌は何をどんなやり方で与えればいいのかな。

メダカを全て屋外飼育にしました。

どのように餌を与えれば良いか悩みました。

 

飼育環境は

底砂にはピュア・ブラックサンド、焼赤玉土。水草はホテイアオイ草、アマゾンフログビット、ウォーターポピーを投入しています。

それぞれ、メダカの種類別に飼育しています。

オロチメダカは観賞用の白い砂(後日、焼赤玉土に変えています。)なので、バクテリアの効果があるのか心配です。

今のところ、メダカが元気に泳いでいます。

投入してから、白メダカ1匹(老衰かな)、幹之メダカ1匹が☆になりました。

sponsord link

 

うまく自然の環境が作れれば、ほとんど餌をやる必要はないと書かれているサイトを見かけます。

私にのメダカ環境は、種水を利用しての約10日間・・・。

果たして、飼育環境がうまく作られているかどうか不安があります。

 

そこで自然の餌(バクテリア)を頼りにするのは、もっと月日が経ってからだと思います。

なので、今まで通り餌を与えようと思っています。

そこでどんな餌が適しているのか、考えてみました。

・餌のやり過ぎは水質悪化を招くので、やり過ぎに注意する。

沈降型(ゆっくり沈むものも含んで)が底砂に混じり、同じく水質悪化に通じる。

発泡スチロールでの飼育なので、フィルターは付けていません。

フィルターがあれば、底砂や汚れた水を綺麗にいてくれますが、それはできないので自然に任せるような飼育を考えています。

 

なので、屋内飼育でフィルターを使用していたときは、成長に合わせた餌が良いのかもと思っていたけれど

屋外飼育の今は、稚魚の餌に匹敵するパウダー状の餌をやるようにしています。

もちろん水質悪化を避けるように少なめの量で。

前に稚魚の飼育のところで書いたと思いますが、こうしてティッシュを使って水質が悪化しないようにしています。

右の写真の、浮いているのがパウダー状の餌です。

 

sponsord link



 

そうそう、沈降性の餌が余ってきたので、すり鉢で擦ってなんとか水面に漂うようにとしています。

なかなかパウダー状にはなりませんね。

ネットで見かけたけれど、すりこぎで潰してもパウダー状にはならないっていうことみたいだから、

パウダー状の餌を購入した方がよいようです。

あくまで水質悪化は避けたいですから・・・。

 

最近では近づくと、水面に寄ってきていかにも餌の要求をしているようで、またまた可愛さ増幅です。

オロチメダカも、初めは水草の陰に隠れていたんですが、今では要求しているようです。

 

こうなるとメダカ飼育は止められませんねぇ

sponsord link

コメントを残す