オロチメダカ(よりなし)を立ち上げた水槽に入れ、パイロットフィッシュは元の水槽に戻しました。

オロチメダカ(よりなし)を飼育するため、新しい水槽を立ち上げていました。

その立ち上げていた水槽に、パイロットフィッシュのメダカたちはちょっと早い投入かなと思ったのですが

5日間元気に泳いでくれました。

何とか、パイロットフィッシュの役目を終えてくれたかなと、自分勝手に思っています。

そしてオロチメダカとパイロットフィッシュの入れ替えです。

sponsord link

 

また以前と同様に、温度合わせ、水合わせをしてやります。

温度合わせは、同じ場所の屋外水槽ですから余り温度差はないと思い、短時間で済ませました。

でも、水合わせはそんなわけにはいかないので、時間をかけて慣れさせます。

 

パイロットフィッシュは、白い砂のところでわかりやすいのと、

そんなに激しい逃げ方はしなかったので、網で捕まえやすかったんです。

しかし、オロチメダカは底砂がピュア・ブラックなので、まず見つけにくいんです。

それに、逃げ足がとっても素早く、網に入ったと思ったら幹之めだかも数匹一緒に入ってきました。

少し大きめ(10×12㎝))の網で、やっと6匹を捕まえました。

 

時間をかけて水合わせをしたので、そろそろ新しい水槽にオロチメダカを入れます。

何とか元気でいて欲しいと願っての投入です。

 

sponsord link


 

すぐにホテイアオイの中に隠れます。1匹が見えますね。

ホテイアオイを取り除いて撮りました。

元気で長生きして欲しいですね。

できれば、繁殖をしてくれると嬉しいのですが・・・。

sponsord link

コメントを残す